未経験から動画編集スキルを独学で身に付ける3つの方法

YOU

未経験から動画編集スキルを独学で身に付けるにはどんな方法があるのだろう?

あわよくば、スキルを身に付けて転職したり副業で稼いでみたいなぁ。

そんな疑問にお答えします。

こんにちは、KEISUKEです。

この記事を書く僕は、某Webデザイン会社でWeb動画広告を制作している動画クリエイターです。

さっそく結論ですが、未経験から独学で動画編集スキルを身に付けることは可能です。

なぜなら、僕自身が未経験から独学で学び今の職業に就くことができたからです。

ただ、メリットもたくさんある反面、独学による落とし穴もあるので注意が必要です。

そこで今回の記事では、そんな僕の体験談を元に未経験から動画編集スキルを独学で身に付ける方法とその注意点について解説します。

KEISUKE

「未経験から動画編集スキルを身に付けて、お洒落な動画を作ったり、副業で稼いでみたい!」そんな方には参考になるはずです。

ぜひ、最後までお付き合いください。

未経験から動画編集スキルを独学で身に付ける3つの方法

方法①:YouTubeを利用する

趣味程度の編集であれば、YouTubeのチュートリアル動画で十分です。

YouTubeの検索窓に「Premiere Pro 使い方」のように入力すれば、何かしら解説動画が出てきます。

無料なのがYouTubeの良いところですが、デメリットもいくつかあるので紹介したいと思います。

YouTubeのメリット・デメリット

メリット デメリット
無料 体系的ではない
有料級の情報もある 素人が多い

比較すると上記のような感じです。

それでも、無料で学べるのはとってもありがたいですよね。

有料級の情報を発信している人もいる一方で、素人が発信している場合も多いので注意が必要です。

素人さんが発信している情報は間違っている場合も多々あります。

KEISUKE

YouTubeを利用して学習する場合は、本当にその情報が正しいかどうかを見極めながら学習すると良いでしょう。

方法②:オンライン学習サイトを利用する

「コスパ良くプロから学びたい」「体系的に学びたい」そんな方には、オンライン学習サイトが適していると思います。

僕もオンライン学習サイトを中心に動画編集スキルを身に付けました。

実際に利用した僕が良いと感じた、お手頃価格で動画編集スキルが身に付くオンライン学習サイトをご紹介します。

①:Udemy


Udemyは米国シリコンバレー発祥の世界最大級のオンライン学習サイトです。

動画編集以外にも、プログラミングやWebデザイン、財務会計などの様々なスキルを習得することができます。

また、定期的にセールを開催しており、最大95%まで値下がりするのも魅力の一つです。

講座が気に入らなければ返金することも可能なので、損する確率が少ないオンライン学習サイトと言えます。

»Udemy

関連記事

【口コミ】Udemyの評判はどう?20コース以上受講した僕が徹底解説 【感想あり】Udemyでおすすめの人気講座をカテゴリー別でまとめました。 【95%OFF!?】Udemy のセールはいつ?過去のセール時期と見落とさない方法

②:Adobeプラチナスクールパートナーの講座を受講する


「Adobe Creative Cloudを使って動画制作を始めたい!」そんな方にはAdobeプラチナスクールパートナーの講座受講がおすすめです。

この講座を受講することによって、Adobe Creative Cloudを格安で契約できる上にオンライントレーニングも受講できるからです。

Adobeプラチナスクールパートナーとは?

Adobeプラチナスクールパートナーとは、Adobe社から認定されたスクールのことです。

認定スクールの生徒として講座を受講することによって格安(3万円台)で利用することができます。

人気のAdobeプラチナスクールパートナーは?

人気のあるパートナースクールとしては上記の通り。

どちらの講座もAdobe Creative Cloud(36,346円〜)+オンライントレーニングの恩恵を受けることができます。

それぞれ微妙にサービス内容が異なりますので、簡単に比較してみたいと思います。

デジハリとたのまなを比較

講座名 料金 課題添削 案件紹介 その他
デジハリ 36,346円(一律) あり あり 納品速度が早い
たのまな 36,346円〜(セットコースあり) あり(別途料金) なし 特になし

個人的には、将来的に副業やフリーランスになって稼ぎたい方デジハリAdobeマスター講座のほうが良いかと思います。

卒業生には仕事の斡旋や、案件紹介といったサービスがあるからです。

一方であなたがもし「長期的にAdobe CCを安く使いたい」「じっくりトレーニングをしたい」と考えている場合は、たのまな Adobeソフトウェア通信講座の方が良いかもしれないですね。

方法③:本で動画編集スキルを身に付ける

テキスト派の方は、それぞれの編集ソフトに特化した本を選ぶことが大前提となります。

本のメリットは動画教材よりも動画編集に関する本の数が圧倒的に多いことです。

メジャーなPremiere ProやFinal Cut Proはもちろん、Davinci Resolveなどのニッチな編集ソフトの本も数多く販売しているのが特徴です。

Premire Proにおすすめの書籍

After Effectsにおすすめの書籍

Final Cut Proにおすすめの本

独学から動画編集の副業で稼ぐことはできるのか

僕自身の経験から言えることですが、独学から動画編集の副業で稼ぐことは可能です。

実際に僕も知人の美容室の動画を作ったり、ドローンの撮影の副業で稼いだりしてました。ただ、僕の場合はほぼコネです笑。

なので、仕事を振ってくれそうなコネがない方は、独学だと稼げるまでにそれなりの時間がかかるかもしれません。

クラウドワークスを利用する方法もありますが、実績がないと最初は単価がめちゃくちゃ安いです。

そのため、未経験から最速で稼ぎたいのであれば「案件紹介付き」のスクールや講座を受講するのが近道だと思います。

最近では、動画編集の副業に特化したスクールも増えており、卒業生に案件を紹介してくれるスクールがほとんどです。

KEISUKE

お手頃価格のスクールであれば、studio USが良いと思います。

また、SkillHacks(スキルハックス)が運営するMovie Hacksも評判が良いのでおすすめです。

関連記事

【暴露】Movie Hacksの評判はどう?本当に案件獲得はできるのか徹底検証 【初心者向け】動画編集の副業を始める6つの方法【月5万円を目指そう】

まとめ

動画編集スキルはYouTube・オンライン学習サイト・本などを駆使すれば誰でも身に付けることができます。

ただ、「すぐに転職したい!」「なる早で副業で稼ぎたい!」そんな方は、スクールを利用した方が現実的かと思います。

僕も現場で働いていますが、動画案件は年々増えている実感があります。

時代的にも動画を作れる人の需要は高まる一方ですし、なにより動画制作は楽しいですよ!個人的にはめちゃくちゃおすすめです。

これを機に、まずは独学からでも動画編集スキルの習得にチャレンジしてみてください。

関連記事

未経験から動画クリエイターになるには?3つの最短ルートを解説!