Video Editing

未経験から動画編集スキルを独学で身に付ける3つの方法

こんにちは、Daoです。

近年、YouTubeやInstagramなどの普及に伴い「写真だけではなく、動画編集を学びたい」という需要が多いですよね。

しかし、「動画編集って難しそう」「映像の専門学校を卒業してないと無理でしょ。」と思っている人も多く、なかなか動き出せていない人も多いようです。

確かに、何年か前まで映像クリエイターや映像製作者とい仕事は独学ではなかなか身に付けらない環境でした。

しかし、2019年現在では未経験者でも映像制作を学べる環境が整っており、努力次第では誰もが「クリエイター」と名乗れる環境にあります。

そこで今回の記事では

動画編集のスキルを身に付けたいけど、映像の専門学校へ行ってたわけでもないし、難易度高そう、、。

未経験者でも動画編集スキルを身に付けてYOUTUBEやInstagramにアップしたり、映像系の仕事ができるようにんる方法があれば知りたいです。

このような、ご質問にお答えします。

 

方法①:YouTubeのチュートリアル動画で独学で身に付ける

趣味でインスタやYOUTUBEなどのSNSにアップしたり、友人の結婚式などを撮影してプレゼントしてあげる程度であれば、YOUTUBEのチュートリアル動画で動画編集スキルを身に付けることも可能です。

実際に、YOUTUBEには動画編集のチュートリアル動画など、多数アップされています。

ただ、YOUTUBEにチュートリアル動画は多いのですが、「圧倒的に英語解説のチュートリアル動画が多い」のが現実です。

日本人のクリエイターが解説している動画もありますが、まだまだ英語でのチュートリアル動画が多いのが現状です。

なので、日本ではYOUTUBEで少し学び→動画編集の基礎から応用までを低価格で学べるUdemy
などのオンライン学習で学ぶ流れが多いです。

オンライン学習であれば、全て日本語の解説で低価格で未経験者でも正しい知識とスキルを身に付けれます。

 

②:本で動画編集スキルを身に付ける

「動画編集は動画で学ぶ」というイメージも強いですが、動画編集に特化したを本も発売されています。

iMovie、Final Cut Pro、Adobe Premireなどのソフト別で基礎から応用まで学ぶことができる本は結構多いです。

 

 

③:オンライン学習サイトで動画編集スキルを身に付ける

先ほども述べたように、YOUTUBEは無料で学べますが、「英語」の動画編集のチュートリアル動画ばかりというのが現状です。

なので、オンライン学習であれば「日本語」で正しい動画編集のスキルを身に付けることが可能です。

プログラミング学習などに比べると動画編集スキルを学べるオンライン学習はまだまだ少ないですが、以下の2つのオンライン学習サイトがおすすめです

①:Udemy



Udemyは米国シリコンバレー発祥、世界最大級のオンライン学習サイトプラットフォームです。

動画編集以外にも、プログラミングからヨガ、写真に至るまで幅広いコンテンツを受講することができるので、知っている人も多いかと思います。

無料で受講できる講座もありますし、有料の講座でも低価格なので人気です。

Udemy

 

②:デジタルハリウッド



デジタルハリウッドの最大の特長が「Web制作会社が運営」していることです。

現役クリエイターの指導、全員Macでデュアルディスプレイの良質な学習環境、 コンサルタントによる厚い就職支援が保証されています。

6ヶ月で未経験から動画クリエイターになる!【デジタルハリウッド STUDIO by LIG】

まとめ

YOUTUBEなどのチュートリアル動画でも十分に学べますが、「日本語の解説が少ない動画が多い」のが難点です。

なので、まずはYOUTUBEをみながら動画編集を勉強してみて「動画編集って楽しい!持ったお、極めたい!」というのであれば「Udemy」などのオンライン学習で基礎から応用まで勉強するのがおすすめです。