【在宅OK】未経験から動画編集を仕事にする3つのステップと探し方を解説

YOU

未経験ですが、動画編集を仕事にしたいと思っています。

どうやって仕事を探せば良いでしょうか?

実際に動画編集を仕事をしている人からアドバイスを頂けると嬉しいです。

そんな疑問にお答えします。

こんにちは、KEISUKEです。

この記事を書いている僕は、現在Webデザイン会社で動画広告の制作をしています。

僕は30歳までアパレルで働いており、Web業界や動画編集の仕事とは無縁の人生でした。

しかし、30歳の時に動画編集に興味を持ち仕事にする事ができました。

そこで、今回の記事では僕の体験談を元に未経験から動画編集を仕事にする方法について解説します。

KEISUKE

この記事を最後まで読めば、未経験から仕事にするために何をすればいいのかが明確になるはずです。

ぜひ、最後まで読んでみてください。

未経験から動画編集を仕事にする3つのステップ

ステップ①:学習する

もしあなたが、動画編集をしたことがないのであれば学習から始めましょう。

「動画を作った事ありません。」「Premiere Proって何ですか?」そんなレベルであれば、選考で真っ先に落とされるでしょう。

学習といっても1ヶ月〜3ヶ月くらいの短期間で問題ありません。

基礎スキルであれば、動画編集の難易度はそれほど高くなく短期間で身に付けるができます。

学習方法としては独学かスクールのどちらかが一般敵です。

独学で学習したい方は未経験から動画編集スキルを独学で身に付ける3つの方法が参考になるはず。

また、プロから実践的に学びたい方は本格的な動画編集スキルが身に付くおすすめ優良スクール4社【失敗しない】を読んでみてください。

ステップ②:ポートフォリオを作る

基礎スキルが身に付いたら、自分の作品を何個か作ってみましょう。

動画編集を仕事にしたい場合、このポートフォリオが最も重要です。

とはいえ、未経験の方はクオリティが高くなくても問題ありません。

現時点でどんなスキルがあるのか、どんな動画を作れるのかを示すことができればOKです。

僕自身もポートフォリオとして提出した作品はただの旅行動画でしたからね。

ステップ③:求人に応募する

履歴書・職務経歴書・ポートフォリオの3点が揃ってやっと求人に応募することができます。

次にどうやって動画編集の仕事を効率良く探すのかについて解説したいと思います。

動画編集の仕事の探し方

コツ①:Web業界に強い求人サイトを利用する

動画編集の仕事を探すコツとしては、Web業界に強い求人サイトを利用することです。

リクナビなどの定番サイトにも動画編集の求人はありますが、とても少ないので非効率です。

一方で、Web業界に特化した求人サイトを利用すれば、定番サイトに掲載されていないニッチな求人を見つけることができます。

未経験からでも採用されやすい求人サイトとしては、dodaあたりが良いかなと思います。

非公開求人も多くクリエイティブ職の求人も豊富にあります。

コツ②:正社員にこだわらない

未経験の場合は、正社員にこだわらない方が転職できるチャンスが増えます。

残念ながら、正社員の場合は実務経験のある人材しか採用していない企業が多いです。

そのため、未経験から正社員になるのはなかなかハードルが高いと思います。

どうしても正社員にこだわるのであれば、スクールに通うのが良いと思います。

スクールによっては転職サポートもしてくれますし、未経験からでも実践的なスキルを身に付くからです。

デジハリLIG ネット動画ディレクター専攻ヒューマンアカデミー 動画クリエイター講座なら、転職サポートありますし、評判も良いので検討する価値はあると思います。

KEISUKE

どうしても正社員が良いという方は、スクールに投資するのも一つ選択肢として視野に入れておきましょう。

関連記事

デジタルハリウッドSTUDIO byLIGの評判がヤバい!?受講生のリアルな口コミまとめ

コツ③:副業から始めてみる

副業から動画編集の仕事を始めるのも良いと思います。

副業から始めてみることで、動画編集の仕事がどんなものか、本業にすべきかすべきでないかが明確になると思います。

また、動画編集の副業は即金生があるので、月5〜10万円稼ぐのも難しくありません。

KEISUKE

動画編集の仕事に必須なソフト

動画編集を本格的に仕事にしたいのであれば、Adobe Creative Cloudの一択です。

現在のデザイン会社はもちろん、クライアントもAdobe Creative Cloudを利用しています。

YouTuberや趣味で動編集をやっている方であれば、Final Cut Proなどを使用している場合もありますが、クライアントワークの場合はAdobe製品が無難です。

とはいえ、Adobe Creative Cloudは公式サイトから購入すると結構高いです。年間で7万5,000円ほどの費用がかかってします。

ところが、Adobe Creative Cloudを格安で購入する方法もあります。

KEISUKE

詳しく知りたい方は【裏ワザ】Adobe Creative Cloudを格安で購入するたった一つの方法に記載していますので読んでみてください。

まとめ

以上となります。

結論としては、未経験から独学でも転職することは可能です。

ただし、独学はそこそこ時間がかかりますし、実務経験がないためいきなり正社員登用は厳しいでしょう。

そのため、最短で正社員として転職したい方はスクールなども視野に入れておいたほうが現実的かと思います。

これから5Gなどで通信速度が上がり、動画制作の需要はますます高まるでしょう。

今から身に付けておけば本業でも副業でも稼ぐことができます。

これを機に動画編集を学習し、転職や副業に繋げていただければ嬉しい限りです。