【初心者向け】動画編集の副業を始める6つの方法【月5万円を目指そう】

動画編集の副業をするには、何から始めればいい?

どれくらいのスキルがあれば副業できる?

月5万円くらい稼いでみたいな。

そんな疑問にお答えします。

こんにちは、KEISUKEです。

この記事を書く僕は、某Webデザイン会社で動画広告の制作をしています。
また、副業にも取り組んでおり、定期的にお小遣い稼ぎをしています。

そこで今回は、そんな僕の経験を元に動画編集の副業の始め方について解説します。

稼ぐためにどのくらいの編集スキルがあるのが望ましいのか、最適ソフトの紹介も合わせてお話します。

KEISUKE

この記事を読めば、初心者の方でも動画編集の副業で稼ぐイメージを掴めるはずです。

ぜひ、最後までご覧ください。

動画編集の副業を始める6つの方法

  1. 副業OKな求人に応募する
  2. クラウドソーシングを利用する
  3. スキル販売サービスを利用する
  4. スクール経由で受注する
  5. SNSで直営業
  6. 知人から請け負う

上記のとおり。
それぞれ、やり方を解説していきますね。

方法①:副業OKな求人に応募する

基礎以上の編集スキルがある方は、副業OKな求人に応募してみましょう。

ここでのポイントはWeb業界に強い求人サイト、もしくはフリーランス向けの求人サイトを利用することです。

リクナビなどの定番サイトよりも、動画編集者などクリエイター向けの求人を豊富に取り扱っているケースが多いからです。

さっそく求人を利用するメリット、デメリットを見てみましょう。

メリット・デメリット

メリット デメリット
単価が高い 基礎以上のスキルが必要
継続的に稼げる
営業しなくていい
基本的にはバイト、もしくは業務委託として働くことになります。

そのため、案件獲得するための営業活動をする必要がありません。

また、時給もしくは日給で働くことになるので、継続的に安定収入を得ることができます。

KEISUKE

例えば、クラウドテック ITプロパートナーズ あたりが副業案件を見つけやすいかと思います。

気になる方は、検索してみましょう。

方法②:クラウドソーシングサイトを利用する

定番ですがクラウドソーシングサイトの利用です。

クラウドワークスBizseekCraudiaクラウディアあたりを利用すると良いでしょう。

クラウドソーシングサイトなら、在宅で仕事をする事ができます。

動画編集以外にも、Webライティングサイト制作など案件が豊富なのも魅力の一つだと思います。

メリット・デメリット

メリット デメリット
案件が豊富 単価が安い
初心者でも受注しやすい 営業をする必要がある

大きなメリットは、単価を気にしなければいくらでも案件が見つかることです。

カットやテロップ入れなどの簡単な作業も多いので、動画編集を始めたばかりの方でも受注することができるはずです。

逆に言うと、とにかく単価が安い事がデメリットですね。最初は、一案件あたり3,000円以下というのも珍しくありません。

KEISUKE

そのため、「稼ぐ」ことを目指すよりも「実績作りの場」として利用するのが損をしないでしょう。

方法③:スキル販売サービスを利用する


スキマ時間を利用するなら、スキル販売サービスもおすすめです。

動画編集以外にも似顔絵や占いなどのニッチなスキルを販売することもできます。

スキル販売サービスで最もおすすめなのがココナラです。

ココナラはTVCMをするほど認知度も高く、国内最大級のスキル販売サービスだからです。

メリット・デメリット

メリット デメリット
出品が簡単 低評価が多いと厳しい
営業する必要がない 手数料が高い

メリットは無料で誰でも簡単に出品できることです。

メルカリと同じで出品したら売れるのを待つのみ。売れたら、購入者とやり取りしながら作業を開始するイメージです。

逆にデメリットは、低評価が多いと売れにくいことですね。

そのため、ココナラで副業を始めるなら高評価を得るために丁寧な対応を心がけ、信頼を集める事が重要になります。

方法④:スクール経由で受注する


もし、あなたが現時点で全く動画編集のスキルがないのであればスクール経由で案件を受注するのも一つの手です。

その場合は副業に特化した動画編集スクールを利用するのがよいでしょう。

実践的なスキルの習得はもちろん、卒業後に案件紹介をしてくれる場合があるからです。

案件紹介付きでおすすめのスクールはstudio USSkillHacks(スキルハックス) が運営するMovie Hacksなどです。

一般的なスクールと比べて価格もお手頃で評判も良いことが理由です。

メリット・デメリット

メリット デメリット
実践的 お金がかかる
案件紹介

スクールの大きなメリットは、実践的なスキル習得と同時に案件獲得のコツを学ぶことができることです。

また、オンライン受講が基本なので、社会人でもスキマ時間で学習しやすい環境が整っています。

そのため、継続的に案件を獲得したい方や、将来的にフリーランスも視野にいれている方には利用する価値があると思います。

関連記事

【社会人向け】動画編集スキルが身に付くオンラインスクール4社【口コミあり】

方法⑤:SNSで直営業

SNSで直営業するのも一つの方法です。

例えば、Twitterの検索バーに「動画編集 募集」と打ち込めば動画編集者を募集している人を見つける事ができます。

注意点としてはむやみに営業をないことです。それではただの迷惑になってしまいますからね。

万が一直営業する際は、失礼のない言葉遣いや実績を証明できるポートフォリオを添付しましょう。

あなたがどんな編集ができるのか、どのように貢献できるのかわかりやすく示す必要があります。

メリット・デメリット

メリット デメリット
太顧客になる可能性 営業が必須
手数料を取られない
仲介手数料が発生しないのは最大のメリットですよね。

また、クライアントの登録者数や再生回数が増えれば、実績にも繋がります。

ただし必ず仕事に繋がる保証はないので、営業が苦手な方には少しハードルが高いかもしれません。

方法⑥:知人から請け負う

あなたの人脈を利用するのも一つの方法です。

もし、知り合いに経営者がいるのであれば、YouTube運営の仕事ができるかもしれないですし、友人が結婚予定があるなら動画制作を請け負うことができるかもしれません。

余談ですが、僕は知人から請け負う事が多いです。

動画制作案件を依頼してくれそうな知り合いがいる場合は、聞いてみるのもいいでしょう。

僕の経験からも、コネを辿るのが一番楽かなと思います。

メリット・デメリット

メリット デメリット
単価を上げやすい 人脈が必要
継続性がある

動画編集の相場をよく分かってない経営者は多いため、交渉次第で単価を上げることができます。

実際に僕も交渉によって、撮影だけで日給5万円貰ったことがあります。

クラウドソーシングではありえない金額です。

予算に余裕のある経営者から請け負うことができれば、月5万円を稼ぐ事も難しくありません。

動画編集の副業をするために最低限必要なスキル

①:基礎スキルがあればOK

下記のような基礎スキルさえあれば問題なく副業をスタートできると思います。

  • カット
  • テロップ入れ
  • 色調整
  • 音量調節

YouTubeの編集も実はそんなに難易度は高くありません。

ただし、基礎スキルのみで案件を請け負う場の単価は安くなりがちです。

実際にクラウドワークスで検索してみたところ、下記のようなものがありました。

単価は安いですが、初心者の方はこのような案件で実績を作るところから始めるといいでしょう。

実績とスキルを積んでからより単価の高い案件にチャレンジしてみると良いと思います。

②:エフェクト・アニメーション・モーショングラフィックス

視聴者を惹きつけるのに必要なスキルが、エフェクトやアニメーション、モーショングラフィックスです。

これらを習得する事ができれば、単価は上がりやすい傾向にあります。

実際にクラウドワークスで調べてみたところ、以下のような案件がありました。

このような案件を受注したい場合は、After Effectsがおすすめです。

After Effectsで漫画広告の制作ができれば単価は一気に上がる傾向にあります。

「より高額な案件を請け負いたい」と考える方はマスターして損はないでしょう。

③:サムネイル制作

編集スキルと併せてマスターしておきたいのがサムネイル制作です。

特にYouTubeではサムネイルが再生数に影響するため、必須と言っても過言ではありません。

サムネイル作りと動画編集がセットの案件も多くあります。

KEISUKE

YouTube編集の受注をしたい方は、PhotoshopやCanvaなどでサムネイルを作れるようにしておきましょう。

より単価の高い案件に繋がりやすくなると思いますよ。

関連記事

未経験から動画編集スキルを独学で身に付ける3つの方法

動画編集の副業で稼ぎたいならAdobeです

動画編集で稼ぎたいなら間違いなくAdobe Creative Cloudがおすすめです。

もしくは、Premiere ProかAfter Effectsの単品契約でも良いと思います。

動画編集の副業をする場合クライアントワークが中心となります。

その際、多くのクライアントが必須ソフトにPremiere ProもしくはAfter Effectsを指定しています。

またAdobe製品の利用者が非常に多いため、Photoshopやイラレなど画像データとの連携の面でも、クライアントにとって好都合なのです。

Adobe Creative Cloudを格安で購入する方法

一方で、Adobe Creative Cloudは公式サイト購入で年間で75,000円ほどの維持費がかかります。

これは出費としてはかなり痛い、という方も多いのではないでしょうか。

しかし実は、Adobe Creative Cloudを3万円代で購入する方法があります。

意外と知っている人が少ないのですが、デジハリAdobeマスター講座などのAdobe認定スクール経由での購入です。

プラチナスクールパートナーを受講し購入すれば、3万台で利用することができます。

KEISUKE

詳しくは、【裏ワザ】Adobe Creative Cloudを格安で購入するたった一つの方法にて解説しています。

分かりやすいと思いますので、ぜひ熟読してみてください。

Final Cutはどうなの?

Final Cut ProやDavinci resolveを利用した副業も可能です。

ただし、Final Cut ProはMacでしか使うことができません。また、クライアントがAdobe製品を指定している場合も多いです。

そのため、ソフトはAdobe製品を使いこなせるようになった方が柔軟にクライアントに対応できます。

まとめ

以上が動画編集の副業を始める6つの方法となります。

最後に今回の内容をまとめてみたいと思います。

  • 副業OKな求人に応募する
  • クラウドソーシングを利用する
  • スキルシェアサービスを利用する
  • SNSで直営業
  • 知人から請け負う

動画編集はこれからますます需要が高まる分野と言えるでしょう。また、初心者の方でも3〜5万円は目指せる再現性のある副業です。

この記事が、あなたの動画編集副業スタートのきっかけになれば嬉しいです。