【体験談】30代スキルなしの転職は地獄だけど、決して無理ゲーじゃない

30代でこれといったスキルがないまま生きてきたけど、果たして転職できるのだろうか…。

そんな不安をお持ちではないでしょうか?

こんにちは、KEISUKEです。

今回は、30代で異業種へ2回の転職経験のある僕が、スキルなしから転職するコツと注意点について解説します。

僕は30歳まで地方のアパレル販売員でした。

接客以外にこれと言ったスキルがなく、ビジネスでは必須とも言えるPCスキルや文章力がないのがずっとコンプレックスでした。

「Webマーケティングって何?Eコマースって何?」そんなレベルで、今考えてみれば絶望しかありません。

しかし、30歳の時に流石に危機感を感じ転職活動を開始。

そして、現在は畑違いだったWebデザイン会社で動画広告を制作しています。それ以外にも、副業で月20万円以上稼げるようになったり、30代で徐々に人生が好転しつつあります。

今回の内容を実践すれば、30代でこれと言ったスキルのないあなたでも理想の転職に近づけると思います。

KEISUKE

30代向けの記事ではありますが、20代はもちろん40代の方でも応用できる内容です。

転職で人生を少しでも好転させたいのであれば、読む価値があると思います。

30代スキルなしの転職は地獄である3つの理由

30代スキルなしでも転職することは可能です。

しかし、スキルがないままだと選択肢が狭まり、転職活動に絶望することも多いでしょう。

その理由を解説します。

その①:年齢制限があるから

単純に30代から年齢制限を設ける会社が多いからです。

よく求人票の必須条件に「〇〇歳以下まで可」のような年齢制限の記載を見かけることはないでしょうか?

「この仕事おもしろそう!」そう思っても年齢のせいで、応募資格すらできない状況は増えてきます。

KEISUKE

そのため、年齢が上がればあがるほど転職は不利になってくるので、できるだけ早めに行動することをおすすめします。

その②:不評の求人にしか採用されないから

スキルがなくても転職はできますが、人気の企業や希望の会社に採用されることはないでしょう。

逆に人手が足りない安月給のブラック企業なら、スキルのない30代や40代でも採用されるかなと。

とはいえ、そのようなブラック企業に勤めても朝から晩まで働かされるだけですし、鬱になる可能性もあるので、個人的にはおすすめしません。

KEISUKE

なので、転職で失敗する確率を出来るだけ下げるために、今の会社で実績を残しつつ自己研鑽することをおすすめします。

その③:年下の上司が増えるから

プライドの高い人にとっては、30代からの転職は辛いかもしれません。

なぜなら、年下上司が多くなるからです。

管理職として転職するならまだしも、平社員として転職した場合は年下の上司に当たる確率は増えるでしょう。

10コ下の社員があなたの上司になるかもしれませんし、偉そうにアゴで指示してくるような年下上司に当たる可能性もあるかもしれません。

KEISUKE

そのため、30代から転職するのであれば余計なプライドは排除するように心がけたほうが気持ち的に楽なはずです。

30代スキルなしから転職を成功させる3つのパターン

パターン①:業界だけ変えて同じ職種の会社に転職する

これと言ってやりたいことがないのであれば、業界だけ変えて同じ職種の会社に転職するのが無難です。

当たり前ですが、これが最も現実的な方法です。この方法であれば、即戦力として採用される事が多く給料アップも見込めます。

実際にこの方法により45歳で転職に成功した知人がいます。もちろん給料も上がりました。

このパターンの重要なポイントとしては現職でしっかりと実績を作る事です。

そして、今より給料アップを上げたいのであれば転職エージェントを利用しましょう。

エージェント経由なら無料で面接対策をしてくれるのはもちろん、あなたの代わりに給料アップの交渉もしてくれます。

直接、面接官に給料交渉をするのって、何だか気が引けますよね、、。なので、エージェントを利用した方が失敗を避けることができるでしょう。

おすすめとしては、知名度と実績のあるマイナビエージェントdodaが良いと思います。

KEISUKE

過去に僕はdodaを利用していたのですが、とても丁寧にサポートしてくれました印象があります。市場価値など自分の現状を把握するためにも、一度相談してみると良いでしょう。

評判の良い転職エージェント

  • doda ※非公開求人を含む約10万件の豊富な求人。
  • マイナビエージェント ※20~30代に強い。営業職・エンジニア職・金融系専門職が多め。
  • パターン②:未経験者OKの求人に応募する

    スキルはないけどキャリアチェンジしたい業界や業種があるなら、未経験者OKの求人に応募してみましょう。

    これまでの実績や面接次第では雇ってくれるケースもあります。

    ただ、即戦力として転職するわけではないので現在の収入より下回ってしまう可能性も覚悟しておきましょう。

    KEISUKE

    もし、年収を下げずに未経験の仕事へキャリアチェンジしたい場合は、次に紹介するパターンが有効です。

    パターン③:スキルを身に付けてから転職する

    個人的に一番おすすめなのは、実務レベルのスキルを身に付けてから転職することです。

    この方法であればキャリアチェンジができるのはもちろん、年収を下げずに転職できる可能性が高いです。

    実際に僕はこのパターンで転職しました。

    独学だったので遠回りでしたが、できるだけ早く転職したい方は転職サポート付きのオンラインスクールを利用すると良いでしょう。

    KEISUKE

    必要なスキルを知り、ピンポイントで学ぶことはその業界で働くための近道と言えます。

    【人気】転職サポート付きのオンラインスクール

    関連記事

    デジタルハリウッドSTUDIO byLIGの評判がヤバい!?受講生のリアルな口コミまとめ 【社会人向け】動画編集スキルが身に付くオンラインスクール4社【口コミあり】

    スキルなしのあなたが転職で実現したいことは何ですか?

    転職活動する前に、あなたが転職で実現したいことを整理しておきましょう。

    一番の目的は何でしょうか?

    • 給料アップ?
    • ホワイト企業への転職?
    • 異業種への転職?

    こんな感じで考えてみてください。

    とはいえ、全部を実現するのは厳しいでしょう。だって、ノースキルなのですから…。

    もしあなたが、社長だとします。30代でノースキル人材をわざわざ雇いたいと思うでしょうか?

    厳しい言い方ですが、20代ならまだしもノースキルの30代のおじさんをわざわざ採用したい企業は多くはないはずです。

    KEISUKE

    なので、もしあなたが今より少しでも人生を好転させたいのであれば、自己研鑽を習慣化し専門スキルを身に付けることが何よりの近道かなと思います。

    【結論】30代スキルなしからの転職は、決して無理ゲーではない

    以上となります。

    結論としては、30代スキルなしでも努力や行動次第で、理想の転職を実現させることは決して不可能ではありません。

    実際に、僕も30歳まで本当にスキルがなくて自分に絶望する日々を送っていました。

    しかし、転職活動で落とされまくったことにより、自分の市場価値のなさを痛感し、Webライティングや動画編集などのスキルを身に付け、人生が好転するように自分なりに努力したのです。

    経験から思う事ですが、「このままじゃヤバい!」という危機感やコンプレックスは人間を人一倍成長させる原動力になります。

    今の会社ではある程度やりたい仕事ができていますし、副業もOKですし、人間関係のストレスもないので大変満足しています。

    30代なら全然間に合います。

    この記事をきっかけに行動していただけると嬉しい限りです。

    【体験談】未経験から在宅ワーカーになるための5つのポイント【30代OK】