【体験談】30代スキルなしの転職は地獄だけど、決して無理ゲーじゃない

30代でこれといったスキルがないまま生きてきたけど、転職できるのだろうか…。

そんな不安をお持ちではないでしょうか?

こんにちは、KEISUKEです。

現在の僕は、Webデザイン会社で動画広告制作をしたり、個人でもそこそこ稼げるようになりましたが、30歳まで凡人アパレル販売員でした。

そして、さっそく結論ですが30代でスキルがなくても転職することは可能です。仕事なんて選ばなければいくらでもありますからね。

ただし「スキルがないまま」だと仕事を選ぶことはできません。給料が安い上にブラック労働になることは避けて通れないでしょう。

とはいえ、無理ゲーなわけでありません。
やり方次第では僕のように33歳から異業種のへの転職したり、副業で稼ぐことも可能です。

そこで今回の記事では、僕の実体験を元に30代でスキルがないあなたが転職を成功させる方法について解説します。

この記事の内容を実践すれば、スキルなしから転職を成功させることができるはず。

KEISUKE

何より、30代でこれといったスキルがなかった僕でも実現できたのですから。

ぜひ、最後まで読んでいただけると幸いです。

30代スキルなしの転職は地獄である3つの理由

30代スキルなしでも転職は可能です。

ただし、ノースキルだと仕事を選ぶことはできないので結構辛いと思います。

その理由を解説します。

その①:年齢制限があるから

単純に年齢制限を設けている会社があるからです。

よく求人票の必須条件に「〇〇歳以下まで可」のような記載があると思います。

また、20代で年齢制限はほとんどありませんが、30代から年齢制限を設ける企業は多いです。

そのため、残酷な事実ですが20代より30代の転職は圧倒的に不利になります。

その②:人気がない求人にしか採用されないから

「スキルなしで転職できる仕事=誰でもできる仕事、もしくは人気のない仕事」です。

求人を検索していたら、毎回募集している広告を見かけることはないでしょうか?

毎回募集している求人は離職率の高い求人である可能性が高いです。

要するに、辞める人が多く人材が足りないから常に求人広告を出すしかないのです。

なので、そのような企業であればノースキルでも転職できるでしょう。

とはいえ、そのようなブラック企業に勤めて鬱っぽくなる人も多いですし、個人的にはおすすめしません。

その③:年下の上司が増えるから

プライドの高い人にとっては、30代からの転職は辛いかもしれません。

なぜなら、30代からの転職は年下の上司が多くなるからです。

管理職として転職するならまだしも、平社員として転職した場合は年下の上司に当たる確率は増えるでしょう。

ひょっとしたら、10コ下の社員があなたの上司になるかもしれませんし、偉そうにアゴで指示してくるような年下上司に当たる可能性もあります。

30代スキルなしから転職を成功させる4つのポイント

30代でノースキルだった僕が、異業種のIT/Web系への転職に成功したと思われる4つのポイントについて解説します。

ポイント①:特化型の転職サイトを利用する

もし、転職したい業界がある程度決まっているのであれば、業界に特化した転職サイトを利用しましょう。

リクナビやマイナビなどの定番サイトだと「ほとんど同じような求人じゃん!」みたいな経験ありませんか?

そのため、ある程度転職したい業界が決まっているのであれば業界特化の転職サイトを利用した方が効率が良いと思います。

個人的には、3つくらいのて転職サイトに登録して、比較するのがベストかなと思います。

多すぎても混乱しますし、逆に少なすぎても情報量が足りないですからね。

また、業界特化の方がその道に詳しいコンサルタントが業界の傾向や転職のコツを手取り足取り教えてくれます。

KEISUKE

ある程度転職したい業界が定まっている方は、特化型の転職サイトなどを利用することも検討してみてください。

個人的におすすめの特化型転職サイト

ポイント②:必要なスキルを知る

あなたが興味を持った求人にはどんなスキルが必要かチェックしましょう。

求人票の募集要項に必須スキルが記載されているはずです。

ちなみに僕の場合ですが、転職希望だったWeb制作会社のほとんどのが「Adobeソフトの操作スキル必須」と記載されていました。

そこで僕は、Web制作会社ではAdobeスキルが必須ということを認識しAdobe Premiere ProやPhotoshopなどの学習に取り組んだのです。

もしあの時、僕がAdobeソフトを全く使えない状態だったら、異業種のWeb制作会社には転職できなかったでしょう。

KEISUKE

そのため、まずは求められるスキルを知り、ピンポイントで学ぶことはその業界で働くための近道と言えます。

ポイント③:必要なスキルを身に付ける

必要なスキルを認識したら、そのスキルの習得しましょう。

何度も言いますが、ノースキルのままだとあなたの望む転職を成功させることは、ほぼ無理です。

とはいえ、一つのスキルを身に付けるための学習期間としては3ヶ月〜6ヶ月くらいで十分だと思います。

現代では、Udemyなどのオンライン学習サイトやデジハリヒューマンアカデミーなどの社会人向けのスクールを利用すれば、実践的なスキルを短期間で習得することができます。

KEISUKE

そのため、転職するのにスキル不足と自覚のある方は、オンライン学習やスクールを利用して、不足スキルを補いましょう。

【経験談】スキルなしから副業で月20万円稼ぐためにやった事と捨てた事 【無料あり】使って良かった社会人向けのオンライン学習サービス【まとめ】

ポイント④:面接の練習をしておく

転職したい業界や会社がある程度決まったら、あらかじめ面接の練習をしておくと良いと思います。

ぶっつけ本番で面接をしたら、テンパる人がほとんどだと思います。僕もあがり症なので、面接前は必ず面接の練習をしていました。

知人に練習相手になってもらうのも悪くはないですが、あまり的確なフィードバックを貰えることはないでしょう。

そのため、あなたが本気で転職したい会社があるのであれば、転職エージェントのコンサルタントに面接の練習相手になってもらうと良いと思います。

実際に僕も過去にマイナビエージェントDODAのコンサルタントの方に面接の練習相手をしてもらったことがあったのですが、やはりアドバイスが的確だなと思いました。

実際にそのおかげかですんなり面接を乗り越えたこともあります。

また、面接の練習相手だけではなく無料で履歴書・職務経歴書の添削、面接の練習をしてくれるのもメリットの一つです。

とはいえ、相手もビジネスとしてやっているので、コンサルタントの言葉を全て鵜呑みにしないように心がけることも重要です。

KEISUKE

仮に変なコンサルタントに当たったり、相性が合わない場合は、思い切って担当者を変えてもらいましょう。

スキルなしのあなたが転職で実現したいことは何ですか?

転職活動する前に、あなたが転職で実現したいことを整理しておきましょう。

一番の目的は何でしょうか?

  • 給料アップ?
  • ホワイト企業への転職?
  • 異業種への転職?

など、こんな感じで考えてみてください。

とはいえ、全部を実現するのは厳しいでしょう。だって、ノースキルなのですから…。

もしあなたが、社長だとします。30代でノースキル人材をわざわざ雇いたいと思うでしょうか?

厳しい言い方ですが、20代ならまだしもノースキルの30代のおっさんをわざわざ採用したいと思わないですよね。

そのため、もしあなたが少しでも人生を好転させたいのであれば、スキルを習得するしかありません。

【結論】30代スキルなしからの転職は、決して無理ゲーではない

以上となります。

この記事の結論としては、30代スキルなしでも努力や行動次第で、転職を成功させることは十分に可能です。

実際に、僕も30歳頃まで本当にこれといったスキルがありませんでした。スキルがないのが本当にコンプレックスでした。

ところが、転職活動で落とされまくって自分の市場価値のなさを痛感し、Webライティングや動画編集などのスキルを身に付け、少しでも人生が好転するように自分なりに努力したのです。

経験から思う事ですが、「このままじゃヤバい!」というコンプレックスは成長する原動力になります。

僕なんて33歳で異業種へ転職しましたからね。今の会社では、やりたかった動画の仕事ができていますし、副業もOKですし、人間関係のストレスもないので大変満足しています。

30代なら全然間に合います。

この記事を読んで、あなたが行動するきっかけとなれば嬉しい限りです。

【体験談】未経験から在宅ワーカーになるための5つのポイント【30代OK】