MENU
JOB

【体験談】アパレルから異業種へ転職するための3つのコツ【30代でも可能】

アパレルで働いているけど、もう限界かもしれません。

どうせ転職するなら、販売じゃない仕事をしたいけど可能だろうか?

30代なので不安です。

このような悩みを抱えていないでしょうか?

こんにちは、DAOです。
約10年アパレル販売員として働き、31歳の時に異業種への転職に成功しました。

そこで今回は、31歳でアパレルを卒業した僕が、アパレルから異業種に転職する際のコツについて解説します。

DAO
DAO
コツさえ抑えれば、アパレルから異業種への転職は可能です。

「もうアパレルはこりごり!」という方は最後まで読んでみて下さい。

【体験談】31歳でアパレルから異業種へ転職しました。


僕は31歳の時にアパレルから脱出することができました。

そして現在は、Webデザイン会社で働いています。

しかし、あっさりと転職できたわけではありません。

しっかりと準備をした上で転職活動に取り組みました。

DAO
DAO
そんな僕自身が行った準備やコツについて解説します。

コツ①:実績を作る

あなたは今の会社で何か実績を作ったことはありますか?

もし、ないなら実績を作った方が転職しやすいです。

当たり前ですが、会社は何も実績がない人をわざわざ雇いたいとは思いません。

大きな実績に越した事はないですが、小さな実績でも問題ありません。

例えばですが…

  • 個人売りの実績
  • 優秀店舗として表彰された実績
  • ミステリーショッパーで高得点を叩き出した実績

上記のような、実績を作っておきましょう。

どのような工夫をして結果を出したか
そして、もう一つ重要な事があります。

それは、「その実績を残すためにどういう努力をしたのか?」です。この質問、ほとんどの面接で聞かれます。

「たまたま実績を作る事ができました。」では、確実に落とされます。

そのため

  • なぜ、その実績を作る事ができたのか?
  • どのような工夫をして実績を作ったのか?
DAO
DAO
このあたりの質問に的確に答えることができれば、より説得力が増すので効果的です。

コツ②:知識・スキルを蓄える

未経験の業界であればるほど勉強をして知識やスキルを蓄える必要があります。

例えばですが…

  • ITエンジニアに転職したい方→プログラミングの勉強
  • 動画制作を仕事にしたい方→動画編集の勉強
  • Amazonなどのグローバル企業へ転職したい方→英語の勉強

上記のようなイメージです。

とはいえ、勉強と言ってもオンライン学習サイトや書籍での独学で問題ありません。

DAO
DAO
Udemyグロービス学び放題などのオンライン学習サイトを利用すれば、初心者向けのコンテンツが多いので挫折しにくいですよ。

ポートフォリオが効果的
また、勉強をしたらポートフォリオを作るのも効果的です。

ポートフォリオはスキルの証明になります。

  • Web業界で働きたい→Webサイトを作ってみる
  • 動画制作の仕事がしたい→動画作品を作ってみる

こんな感じのイメージです。

特に、IT/Web業界だとポートフォリオの提出を求められることが多々あります。

DAO
DAO
そのため、IT/Web業界を目指すのであれば、スキル習得と同時に何個かポートフォリオを用意しておくことをおすすめします。

コツ③:いつでも転職できる準備をしておく

いつでも転職できる準備をしておきましょう。

転職に絶対に必要なモノから準備するのがおすすめです。

準備する具体的なモノは…

  1. 履歴書
  2. 職務経歴書
  3. 転職サイトの登録(3つくらいでOK)

とりあえず、この3つだけ事前に準備しておけばOK。

なぜかというと、この3つの作業は転職する際に一番面倒くさい作業だからです。

また、履歴書や職務経歴書の作成をすることで、自分の経歴やスキルの棚卸しをすることができます。

DAO
DAO
このように、転職において一番面倒くさい作業を事前に準備やっておくことで、良い会社を発見した際に秒速で応募することができるのでチャンスを逃しにくくなります。

アパレルから異業種への転職【おすすめ3選】

①:営業系

アパレル販売員はコミュニケーション力が高い方が多いので、営業への転職はしやすいです。

僕もアパレルの次に1年間だけ、IT系の営業マンとして働いていました。

そして、営業は販売と同じく数字を追い求めるのが営醍醐味です。

そのため、個人売りなどの数字でアピールできる実績があると良いです。

おすすめしない営業のジャンル
営業にも種類がたくさんありますが、唯一避けておいた方がいい営業は「個人営業」です。

特に、「自宅に訪問する系の新規開拓営業」はおすすめしません。

単純に、自宅へ飛び込む新規営業は、メンタルがヤられます。ましてや、このコロナ時代なんかは特にキツいですね。

僕の知人もリフォームや新聞の新規獲得営業をやっていた人がいますが、辛すぎてすぐ辞めてました。

なので、個人的には法人営業の方が人脈も広がりますし、学びも多いのでおすすめです。

営業の求人が多い転職サイト

②:Web業界

現在の僕のようにWeb系へ転職するのもおすすめです。

在宅で働ける会社がほとんどですし、働き方もホワイトな会社が多いです。

実際に僕も未経験からWeb業界へ転職しました。

とはいえ、もしあなたがWebの知識やスキルがゼロなら、転職前に少しばかり勉強する必要があります。

勉強と言っても、オンライン学習サイトやWebに強いスクールを利用すれば問題ありません。

実際に今の会社には、デジハリなどのWeb養成スクールの卒業がちらほらいます。

なぜかというと、実績のあるWeb養成スクールのほとんどに「転職支援サポート制度」が導入されているからです。

つまり、スクールを利用すれば「スキルが身に付く+転職可能」を実現できます。

無料で説明会を開催していたり、資料請求ができるスクールも多いので気になる方は話だけ聞いてみても損はありません。

③:IT系

ガッツリ給料を上げたいという方には、IT系がおすすめです。

ただ、未経験からエンジニアを目指すのであればプログラミングの勉強は必須です

勉強方法としては、独学でも良いのですがWebと同様に転職サポート付きのスクールにを選びましょう。

【転職サポート付き】人気のプログラミングスクール

アパレルからの転職に強い4つの転職サイト

世の中にたくさんの転職サイトがありますが、たくさんあり過ぎてどれを使えば良いか迷いますよね。

転職サイトによって求人が異なるので、個人的には2,3社ほど転職サイトに登録しておいて比較してみるのが良いと思います。

まとめ

結論としては、アパレルから異業種へ転職するには「実績を作ること」「勉強すること」「行動すること」が何より重要です。

僕が実践し、成功したやり方なので是非試してみてください。

この記事が、あなたがアパレルから満足のいく会社へ転職するきっかけとなれば嬉しい限りです。