JOB

【体験談】アパレルから異業種へ転職した3つの手順【30代でも間に合う】

  • アパレルからのおすすめの転職先は?
  • 30代でもアパレルから異業種へ転職は可能?
  • アパレルからの転職におすすめの転職サイトは?

この記事を読めば、このような疑問が解決されます。

こんにちは、DAOです。
10年ほどアパレル販売員として働き、現在は動画クリエイター兼ブロガーとして生きています。

アパレルの仕事って、お洒落もできますし何より楽しいですよね。

僕もアパレル販売でお客さんから感謝されたり、予算を達成できた時はとてもやりがいを感じたものです。

ただ、やりがいはあるものの「収入・スキル・市場価値の低さ」など、将来の不安が拭いきれず転職をしました。

僕は30歳の時にアパレルから足を洗ったのですが、アパレルから転職して後悔は全くありません。

なぜなら、アパレル時代の不安や不満がすべて解消されているからです。

そこで、今回の記事ではアパレルから異業種へ転職した僕が、アパレルから異業種へ転職するコツを解説します。

DAO
DAO
ちゃんとした手順を踏めば30代の方でも転職できます。

「もうアパレルから抜け出したい!」という方は最後まで読んでいただけると幸いです。

【体験談】30代でアパレルから異業種へ転職できた話


僕は、30代でアパレルから異業種へ転職する事ができました。ちなみに、下記がアパレルを辞めた後の僕の転職歴です。

  1. 金融業界で営業職
  2. WEB業界で動画制作

30歳過ぎてから2回も異業種へ転職しています。

そして、僕は運転免許以外の資格を一個も持っていません。それでも、異業種へ転職できたのです。

ただ、僕がアパレルから異業種へ転職するために準備していた事が3つほどありますので共有します。

準備①:実績を作る

あなたは今の会社で何か実績を作ったことはありますか?

もし、ないなら実績を作った方が転職しやすいです。

大きな実績に越した事はないですが、小さな実績でも大丈夫です。

アパレルの場合であれば

  • 個人売りの実績
  • 優秀店舗として表彰された実績
  • ミステリーショッパーで高得点を叩き出した実績

など、何かしら実績を残しておきましょう。

なぜかというと、会社というのは基本的に利益や売り上げを追求しますよね。

そのため、「結果を出せない人材」よりも「結果を出す人材」が欲しいからです。当たり前の話ですよね。

そして、もう一つ重要な事があります。

それは、「その実績を残すためにどういう努力をしたのか?」です。この質問、ほとんどの面接で聞かれます。

「たまたま実績を作る事ができました。」ではダメです。落とされます。

なので、すでに実績がある方は

  • なぜ、実績を作る事ができたのか?
  • どのような手順で実績を作ったのか?

このあたりを具体的に答えれると、説得力が増しますので「この人良いかも」と思われるはずです。

準備②:必要なスキルを勉強する

未経験の業界であれば勉強は必須です。

日本は資格大国なので資格があるに越した事はないですが、資格取得には時間がかかります。

そこでおすすめなのが、Udemyなどのオンライン動画教材やTechAcademy [テックアカデミー]などのオンラインスクールを使って勉強する事です。

具体例を挙げてみます。

  • ITエンジニアに転職したい方→プログラミングの勉強
  • 動画制作を仕事にしたい方→動画編集の勉強
  • Amazonなどのグローバル企業へ転職したい方→英語の勉強

上記のような感じです。

ちなみに、僕の場合はWEB系の会社へ転職したかったので

  • ブログ運営→マーケティング・ライティングのスキル
  • 動画制作→動画編集スキル

主にこの2つを独学で勉強していました。

「〇〇をなどの教材やソフトを使って、独学で勉強していました!ポートフォリオ はこちらです。」とアピールすることができれば面接でも好印象です。

なので、転職したい業界が決まっている方は今すぐにでも独学で勉強を始めましょう。

③:いつでも転職できる準備をしておく

いつでも転職できる準備をしておきましょう。転職に絶対に必要なモノから準備すると良いです。

準備する具体的なモノは、

  • 履歴書
  • 職務経歴書

とりあえず、履歴書と職務経歴書の2つだけは事前に準備しておきましょう。

理由としては、履歴書や職務経歴書は必ず提出を求めらるからです。

また、履歴書や職務経歴書の制作は一番面倒臭い作業ですよね。

なので、作っておくことをおすすめします。

そうすることで、良さげな会社があればすぐに応募することができますよね。

アパレルからの転職先【おすすめ3選】

①:営業系

アパレル販売員はコミュニケーション力が高い方が多いので、営業への転職はしやすいです。

ただ、販売と同じく数字を追い求めるのが営業の醍醐味です。

なので、個人売りなどの数字でアピールできる実績があると良いですね。

営業にも種類がたくさんありますが、唯一避けておいた方がいい営業は「個人営業」かなと個人的には思います。

例えばですが、家を一軒づつ飛び込む営業とかですね。

個人営業は、新規で獲得できる確率も低く非常に辛い仕事かと。

なので、できれば個人営業ではなく法人営業の方が汎用性も高く、仕事の面白みもあるかと思います。

DAO
DAO
ちなみに、僕は法人営業を経験しましたが、会社の課題解決をするのは勉強にもなりましたし、やりがいもありましたね。

②:WEB系

僕のようにアパレルからWEB系へ転職するのもおすすめです。

ただ、アパレルからWEB系へ転職する場合は実務の経験がない分、転職する前に独学はしておいたほうが良いでしょう。

例えば、

  • WEB系で動画広告を制作をしたいなら→動画編集の勉強。
  • WEB系でマーケティング業務をやりたいのであれば→ブログやSNSで集客してみる。

上記のようなイメージです。

DAO
DAO

WEB系は、コミュ障な人が多くコミュ力の高い人材を欲している会社も意外と多いです。

なので、アパレルで培ったコミュ力は歓迎されますよ。

③:IT系

ガッツリ給料を上げたいという方には、IT系がおすすめです。

ただ、未経験からエンジニアを目指すのであればプログラミングの勉強は必須です

勉強方法としては、独学でも良いのですが就職サポート付きのプログラミングスクールに通った方が良いです。

ここでのポイントは「就職サポート・転職保証付き」のプログラミングスクールを選ぶ事です。

なぜかというと、プログラミングは難しいので独学よりもスクールに通った方が時間の節約にもなり、講師からマンツーマンで直接指導をしてもらえるからです。

本気でエンジニアやプログラマーを目指したい方向けの就職サポート付きのプログラミング スクールのリンクを貼っておきますので気になる方はチェックしてみてくださいね。

アパレルからの転職に強い4つの転職サイト

世の中にたくさんの転職サイトがありますが、たくさんあり過ぎてどれを使えば良いか迷いますよね。

転職サイトによって求人が異なるので、個人的には2,3社ほど転職サイトに登録しておいて比較してみるのが良いと思います。

営業系:リクナビNEXT

登録している方も既にいるかと思いますが、アパレルから営業系へ転職するのであれば、リクナビNEXTで十分です。

営業系へ転職したい人にリクナビNEXTがおすすめな理由は3つです。

  • 圧倒的な求人数
  • 限定求人が85%
  • 転職した人の約8割が利用している

リクナビNEXTは求人数No.1の転職サイトです。

特に営業系の求人が多く、リクナビにしか掲載していない案件が約85%もあります。

なので、とりあえずアパレルから営業系へ転職したい方はリクナビNEXTさえ登録していれば条件に見合った求人が見つかる確率が高いですね。

WEB系:DODA

僕は転職の時、ほとんどDODAを利用しています。

感覚的な話になってしまうのですが、リクナビやマイナビよりもWEB系の求人が多いイメージがあるからです。

また、エージェントの方が履歴書や職務経歴書の作り方など親身にレクチャーしてくれますし、自分の希望をしっかりと聞いた上で求人を紹介してくれます。

さらに、エージェントの方が面接後のフィードバックをしてくれるので、次の面接に向けて改善をし面接に挑む事ができます。

IT系:Green

GreenはリクナビNEXTやDODAほど有名な転職サイトではありませんが、IT系に強い求人サイトです。

未経験からエンジニアやプログラマーになりたい方は一度Greenで検索してみると良いでしょう。

まとめ

結論としては、アパレルから異業種へ転職するには「実績を作ること」「勉強すること」「行動すること」が何より重要です。

僕が実践し、成功したやり方なので是非試してみてください。

この記事が、あなたがアパレルから満足のいく会社へ転職するきっかけとなれば嬉しい限りです。