Drone

【要確認】海外でドローンを使う際の4つの注意点【規制・持ち出し方】

こんにちは、Daoです。

海外旅行が好きな人で人であれば「海外でドローンを飛ばしてみたいなぁ〜。」と思ったことはないですか?

実際に私も海外旅行が好きで、今まででハワイ、ロサンゼルス、フェニックス、バリの4つ都市で飛ばしたことがあります。

しかし、国によってドローン規制が異なったり、ドローンを持ち出す際も何点か注意点があります。

そこで、今回の記事では

✔海外へドローンを持ち運べるの?

✔海外へドローンを持っていく際の注意点は?

✔︎海外でドローンを飛ばす際の注意点は?

このような、疑問にお答えする内容となっております。

海外へドローンを持っていく前の4つのチェック項目

チェック項目①:そもそもドローンを飛ばして大丈夫な国なのか?

海外でドローンを飛ばすことは可能です。

しかし、全ての国でドローンを飛ばせるわけではないので注意が必要です

例えば、キューバなんかはドローンを飛ばすのは違法です。キューバでドローンを没収されて、そのまま帰って来なかったという事例もあります。

「ドローンが没収されてしまった!」なんてことがないようにするには、どうすれば良いのでしょうか?

一番確実な、方法としては「滞在先の日本大使館に聞く」のが間違い無いですね。

特に、東南アジアなんかはドローンを飛ばせない国がちらほらある印象です。

 

チェック項目②:国によってはドローンを登録しなければならない

国によっては、使用するドローンを事前に登録しなければなりません。

例えば、アメリカですと250グラム以上のドローンは必ず登録することが義務付けられています。

なので、DJIのSPARKなどのわりと軽量のドローンでも登録しなければなりません。

ちなみにアメリカの場合だとい5ドルで登録できます。また、登録を怠ってバレた場合は罰金を取られるので250以上のドローンを使う際は必ず登録しましょう。

ちなみに、アメリカの場合は下記URLから登録できます。

https://faadronezone.faa.gov/#/

国によって登録しなけばならない場合があるので、渡航前に必ず確認しておきましょう。

 

チェック項目③:バッテリーに注意

ドローンは「リチウムバッテリー」を使っています。

リチウムバッテリーというのは、他のバッテリーに比べても発火要素が多いバッテリーです。

そのため、必ず機内に持ち運ぶようにしてください。発火の恐れがあるので、くれぐれも、キャリーケースと一緒にバッテリーを預けないようにしましょう。

ちぇなみに、ドローンの本体はバッテリーを抜いていればキャリーケースと一緒に預けても問題ありません。

 

チェック項目④:飛行禁止エリアを把握しておく

日本と同様に海外でも飛行禁止エリアは存在します。

例えば、オーストラリアの「エアーズロック」なんかはオーストラリアの中でも神聖な場所なのでドローンの飛行は禁止とされています。

現場で無許可でドローンを飛ばしてるのが見つかったら最悪逮捕されてしまうそうです、、、、。

「DJIフライトマップ」を使えば世界中の飛行禁止エリアがすぐにわかるのでおすすめです。

DJIフライトマップ

 

まとめ

当たり前ですが、日本と海外ではドローンのルール異なります。日本よりゆるい国もあれば、そもそも違法の国もあるのです。

海外旅行で没収や罰金になってしまえばせっかくの楽しい旅行が台無しです。

逆に、日本で違法にドローンを飛ばした外国人が書類送検になったニュースもあったります。

このようなことが起きないように事前に準備は怠らないようにしておきましょうね。