【2018年最新版】スマホでドローン を操作しよう!!おすすめの4つをご紹介!!

こんにちは。Daooです。

 

いきなりですがドローン といえば、どのように操作すると思いますか?ドローンをこれから始めたいと思っている人は「コントローラーがいるんじゃないの?」と思っている人が多いですが、実はそんなことありません。

なんとスマホ一台あれば飛ばせるドローンもあるんです。

近年「スマホのみで飛ばせるドローン 」がじわじわと増え始めています。しかも「高性能なドローン 」が。

「自撮り写真をドローン で撮ってみたい」「みんなで集合写真を手軽に撮ってみたい」などッと手軽にドローンで撮影してみたい人には「スマホで操作できるドローン 」がおすすめです。

まずは気軽にドローンを始めてみたい人は、スマホで操作できるドローンを選びましょう。




Tello(テロー)

ドローン大手DJIと大手IT企業のインテルとのコラボで実現した手のひらサイズのミニドローン。プロモーション動画では送信機を使っていますが、スマホのみの操作が可能です。

Telloのおすすめポイント!

・80グラム(規制なし)

・DJI製品なのに破格の安さ

・10分以上のバッテリー(13分)

Telloは最近のドローンであれば、一番コスパがいいです。「とりあえずドローンをやってみたい!」という人には金銭的にも一番おすすめです。

 

DOBBY(ドビー)

こちらはZerotech社の「DOBBY(ドビー)」。ちなみに、私も愛用しています。DOBBYには送信機はありません。

DOBBYは「自撮りに特化したドローン」なので「ドローンで自撮りや集合を撮ってみたい」人にはうってつけのドローンなのです。

DOBBYのおすすめポイント!

・199グラム(規制なし)

・10分以上のバッテリー

・4Kカメラ

 

DOBBYはYoutuberの「ドリキンさん」が上手に紹介してくれています。

これは、昨年私が撮った一枚ですが、やはり4K画像だけあって静止画の画像の美しさはすごいところ!!

SPARK(スパーク)

こちらも私が愛用しているDJIのSPARK。動画では、送信機を使っていますが、スマホのみでの操作も可能です。送信機なしの価格も約3万円ほど安くなっています。

 

SPARKのおすすめポイント!

・画像・動画のどちらもクオリティー高く撮影できる!

・送信機なしだと3万円ほど安く買える

・ジェスチャー操作が可能

 

 

こんな感じで、キレイな動画を簡単に空撮できます。

SPARKは今だとセールもやっているのでとても大変お得です。また、カラーバリエーションも豊富なので女性にも人気のドローンです。

DJI 春のSparkスペシャルセール




 

Air Selfie(エアーセルフィー)

AirSelfie(エアーセルフィー) の設立者であるエドアルド・ストロッピアーナ氏は、「もはや古くなった自撮り棒に代わるのが、AirSelfie。自撮りの革命と言える製品」と言っています。

自撮り棒のようにサクッと出してサクッと撮影できるのがポイントです。

Air Selfieのおすすめポイント!

61グラムの超軽量!

バッテリー付きiphoneケース付属

 

ヒカキンさんが上手にレビューしてくれています。スマホと同時に持ち運びできて、尚且つ充電もされるなんて最高ですね!!

 

 

 まとめ

スマホで操作できるのであれば、多くの人がスマホに使い慣れているので操作がしやすいと思います。

ちなみに、200グラム以上のドローンは国土交通省の航空法により「規制対象区域での飛行は禁止」となっており、もし飛ばしてばれた場合は罰金が取られるので注意が必要です。

なので、200グラム以上のドローンを飛行する際は「規制対象外の区域を見つけて飛行」するか「国土交通省へ申請」をしてから飛行するようにしてください。

初心者であれば、まずは200グラム以下のドローンを選ぶことを強くおすすめします。




ABOUTこの記事をかいた人

1986年生札幌市生まれ札幌在住。 趣味■海外旅行、ドローン、カメラ、動画編集、ブログ、インターネット、サッカー、ファッション、料理、グルメ巡りで新しいもの好きです。 好きな食べ物はカレーと汁物です。 よろしくお願いします。