【最新版】200グラム以上は要注意。ドローンの規制を守って楽しく飛ばそう!!

こんにちは。Daooです。

日本でドローンを使用する際にルールを守って正しく飛ばせていますか?または、これからドローンを使ってみたいと考えている人はルールを知っていますか?

もし知らないのであれば必ず「日本での飛行ルール」の理解を深める必要があります。

飛行ルールを守らないと50万円以下の罰金が取られます。最近では無許可で飛行させていたということで、逮捕者も出ました。

そんなわけで、正しいルールを理解して楽しくドローンを飛ばしましょう。




200グラム以上は規制対象

はじめに、ドローンの重さですが日本では200グラム以上から規制の対象になります。200グラム以上のドローンは人口密集地区、空港周辺の飛行は国土交通省の許可なしでの飛行は禁止です。

逆に200グラム以下のドローンであれば、申請なしに飛行できる場所が多くなります。

 

人口集中エリア

ドローンを飛行させる際には「飛行OKなエリア」と「飛行NGなエリア」があります。

それを簡単に調べる方法があります。スマホのアプリです。アプリでサクッと「飛行OK」か「飛行NG」か判断できるのです。

iphoneやipadなどのiOSデバイスを使っている人はこちらのアプリをインストールしましょう。

 

Android OSを使っている人はこちらのアプリをインストールしましょう。

インストールするとすぐに「飛行OKなエリア」か「飛行NGなエリア」かが一目で分かるようになっています。

以下のような地図が出てきます。

赤く染まっている地域は飛行禁止のエリアです。なので、200グラム以上のドローンは赤く染まっているエリアの飛行はできません。

 

空港周辺エリアの飛行禁止

空港周辺エリアはもちろん規制の対象です。空港周辺がどこかというのも、先ほどのアプリで表示がされます。このように青い丸で表示されている場所が「空港周辺区域」になりますので、飛行はできません。

 

150メートル以上の飛行は禁止

人口集中地区、空港周辺以外でも、地表または水面から150メートル以上の空域は、許可なしの飛行は禁止になります。

 

夜間飛行の禁止

ドローンを飛行させることができる時間帯は、日の出から日没までの時間のみ可能です。夜は飛行できません。

 

目視できない飛行は禁止

肉眼で見える範囲で常に監視して飛行させることが義務付けられています。




イベント時の飛行禁止

お祭りや花火大会などの大人数集まる上空での飛行はできません

 

危険物の輸送禁止

あまりない事例だとはおもいますが、ドローンに火薬などの危険物などをくくりつけて飛行させるのも禁止されています。

 

まとめ

これだけみれば「じゃあ国土交通省に申請を出せば人口集中地区でも飛行OKってことね!」と思う人が多いですが、残念ながら誰もが申請を出せば申請が承認されるわけではありません。

そりゃそうですよね。ドローンを飛ばしたことがない人がいきなり渋谷のど真ん中で飛行させたらなんて恐ろしいことでしょう(笑)。

10時間以上の操縦練習の経験があったり、そのほかにも申請は飛行の10日前以上に申請しなければならないなど細かいルールが多くあります。

しかし、200以下のドローンであれば申請や飛行禁止区域などをほとんど気にせずに飛行できます。

200グラム以下最近だとDJIとインテルで共同開発した80グラム「Tello(テロー)」や私も愛用しているZerotechの「DOBBY(ドビー)」が一番ベストかと思います。

200グラム以上のドローンを飛行させたいのであれば「飛行禁止エリア以外へ行って飛行」するか「国土交通省に申請」してから飛行しましょう。