【2018年最新】10倍楽しめる!?旅行好きな人におすすめのドローンを6つご紹介!!

こんにちは、旅行ではドローンが欠かせなくなっているDaoです。

 

旅行が好きな人であれば「旅行でドローンを使ってみたい!」と思ったことはないでしょうか?

 

しかしながら、日本ではドローンのネガティブな報道が多いので「墜落しないの?」「操作が難しそう。」なんて思っている人が多いのも事実です。

 

ところが、2018年現在では、驚くほど「安定感・安全性」に優れているドローンが多く発売されています。

 

ただ、全てのドローンが安定している訳ではないので、商品選びはとても重要です。

 

そこで、今回の記事では

 

旅行でドローンを使ってみたい!でも、種類もたくさんあるしどのドローンを選べばいいのだろう?

初心者でも旅行で安心して使えるドローンがあれば、教えて下さいな。

 

このような疑問に答えていきます。

 




 

旅行で使うドローン選ぶ際の重要なポイント

ブランドで選ぶ

断言しますと、どこのブランドだか分からない安すぎるドローンを旅行で使うのは辞めておきましょう。

 

知名度もなく、安いドローンは「安定性・安全性」に欠けますので、墜落するリスクが高まります。

 

僕の失敗談としては、無名ブランドのドローンをAmazonで6000円で買ったことがあるのですが、全く思うように飛ばずマジで全く使い物にならなかったことがありますのでご注意を!

 

旅行で使える、おすすめのブランドとしては、下記の3つです。

ドローンの3つのおすすめブランド

✔️DJI

✔️Parrot

✔️Zerotech

この3ブランドであれば、「安全性・安定性」はかなり良いです。

 




 

旅行に向いているドローンの4つの条件とは?

条件①:軽量・コンパクト

旅行では長時間歩いたり、移動したりすることが多いので「軽量」「コンパクト」なドローンがベストです。

 

条件②:安定性・安全性

GPS機能もなく、安定性のないドローンは危険です。安定性がないと、風に流されやすく、墜落して大惨事になりかねません

 

条件③:操作が簡単

スマホ一台で操作できたり、コントローラーの操作がしやすいほうが、簡単に撮影ができます。

 

条件④:フライト時間が10分以上

10分以上のフライトができるドローンが望ましいです。理由は、フライト時間が10分以下だと、すぐに終わってしまうので楽しめません。

 




 

10倍楽しめる!?旅行好きな人におすすめのドローンを6つご紹介!!

【DJI】 Mavic Air

Mavic AirはDJIというドローン業界NO1に君臨するドローンで、2018年1月に発売されました。

 

2018年現在ではMavic Airが個人的に一番オススメです。

 

Mavic Airの3つのおすすめポイント

✔️最大飛行時間21分

✔️障害物回避のセンサーが3つ

✔️4Kビデオ

 

Mavic Airは最大飛行時間が21分と長く、更にプロペラが収納可能で4Kビデオを撮影することができます。

 

また、「障害物回避センサー」が3つも付いているので初心者でも「安心・安全」な飛行ができます。

 

 

 

旅行やレジャー使うのであれば、誰もが満足するドローンです。

 

 

【DJI】 Spark

SparkもDJIのコンパクトドローンです。ちなみに、僕も愛用しています。

 

最初にご紹介した、Mvic Airと同様parkも操作はとても簡単に操作できますし、安定した飛行ができます。

ビデオはFHDなので、Mavic Airよりは劣りますが「SNSに動画や写真をアップする」程度でしたら、十分なスペックかと思います。

 

SPARKの3つのおすすめポイント

✔️スマホだけで操作ができる

✔️300gの軽量

✔️SNSに投稿するのであれば、十分な画質

 

 

 

 

画質などや、収納性などはMavic Airよりも劣りますが、Mavic Airの約半分の値段で購入できるのも特徴です。

 

Sparkのレビュー記事も書いてるのであわせてどうぞ。

 

 

【Zerotech】 DOBBY

DOBBYはZEROTECH社の小型ドローンです。ちなみに私の2台目のドローンでもあります。

 

一番の特徴としては200グラム以下なので、「飛行禁止区域」以外で飛行させれる場所が多いことです。

 

カメラはジンバルカメラではないので動画はどうしてもブレてしまいますが、写真は4Kなのでとても美しく空撮できます!

 

DOBBYの3つのおすすめポイント

✔️199グラムの規制対象外

✔️4K画像

✔️ポケットサイズ

 

こちらはハワイ旅行で撮影したときの写真です。この時は、まだドローン初心者だったのですが割とキレイに空撮できたかと思います。

 

「とりあえず写真がキレイであれば満足」な人にオススメのドローンです。

 

 

 

 

【DJI&Intel】Tello

TelloはDJIで最も軽量のドローンです。重量も80gとかなり軽量です。

 

画質などは、他のドローンに比べると劣りますが、どうしても「一万円台でお願いします!」というのであれば、Telloの一択です。

 

Telloの3つのおすすめポイント

✔️リーズナブルな価格

✔️超軽量ドローン

✔️子供でも使える

 

 

 

一万円ちょっとで買えてしまうので、とりあえず「ドローンを始めてみたい!」という人にもおすすめです。

 

かなりのミニドローンなので、宿泊のホテルでも使えちゃいます。

 

 

【Parrot】ANAFI

Parrotはフランスのドローンメーカーです。ドローンシェア率では世界2位になります。

 

ANAFIは2018年7月に発売されたばかりの、Parrotの最新ドローンになります。

 

もし、DJIでANAFIクラスのスペックがあれば10万円は間違いなく超えてしまいそうですが、7万円代で購入できます。

 

ANAFIの3つのおすすめポイント

✔️4Kビデオ

✔️180° 垂直チルトジンバル

✔️最大25分の飛行時間

 

 

 

 

 

こちらはDJIの最新ドローンの「Mavic2」のシリーズ。2018年8月に発売されたばかりです。

 

「Mavic2Pro」と「Mavic2Zoom」の二種類が同時に発売されました。

 

共通しているのは、センサーが全方向に搭載されている点や、プロペラ音の軽減、飛行時間が31分が主な点です。

 

「Mavic2Pro」の最大の魅力は何といっても、「Hasselblad(ハッセルブラッド)」というスウェーデン製の高画質レンズを使用しているところです。

 

スペック的には、プロも映像制作で使える並のスペックなのです。

 

金額は、19万円くらいしてしまいますが「Mavic2Pro」さえあれば、他のドローンは必要ないくらい完璧なドローンです。

 

Mavic2Proの3つのおすすめポイント

✔️全方向の障害物センサー

✔️ハイパーラスプス

✔️ハッセルブラッドのレンズを採用

 

 

 

 

Mavic 2 ZOOMの3つのおすすめポイント

✔️全方位障害物センサー

✔️ハイパーラプス

✔️光学2倍ズーム

 

 

 

 

 

Mavic2シリーズは初心者向けではないですが、「プロも使う完璧なホビードローン」といえますね。

 




 

まとめ

ここ2年間は旅行へ行くたびにドローンを持って飛ばしています。とくに南の島での空撮は本当に楽しいです!

 

日本では、沖縄や北海道、海外であればハワイやバリなどのリゾート地に空撮スポットがたくさんあります。

 

いずれにせよ、旅行へ行く前には必ず練習はしておいたほうが綺麗な動画や写真を撮影できますので、事前準備は忘れずに。

 

ぜひ、旅行やレジャーでのドローン撮影を楽しんでください^ ^

 

 

 




ABOUTこの記事をかいた人

Daoo

こんにちは、Dao(ダオ)です。 1986年生まれ。札幌市在住。 会社員をやりながら、ブログを運営しています。 インターネット・旅行・ドローンなどのデジタルガジェットが好きです。 お酒が好きなので、汁物がないと生きていけません。 よろしくお願いします。