【口コミ】Audible(オーディブル)の評判は?会員歴3年の僕が辛口レビュー

音声読書をしてみたいけど、Audible(オーディブル)ってどうなの?

ちゃんと頭に入ってくる?

実際に利用している人の感想が知りたいです。

そんな疑問にお答えします。

こんにちは、KEISUKEです。

Audible(オーディブル)はAmazonが提供する音声読書サービスです。様々なジャンルを取り扱っており40万冊以上もの書籍を配信しています。

いきなり結論ですが、音声読書をすることによって読書が習慣づくと実感しています。

移動時間・家事・運転・運動などのあらゆるスキマ時間を有効活用できるからです。

そのため、通常の読書よりも積読になりにくいと思います。

そして、Audible(オーディブル)の場合は月額1,500円ですが、最初の30日間は無料で利用できます。

そこで、今回は約3年前からのAudible(オーディブル)を愛用している僕がレビューします。

KEISUKE

メリットはもちろん微妙な点についても正直にお伝えしますので、参考にしていただけると幸いです。

【評判口コミ】Audible(オーディブル)歴3年の僕が辛口レビュー

微妙な点

「辛口レビュー」なので、まずは微妙な点から解説しますね。

月額料金が高い

30日間の無料体験終了後は、月額1,500円の有料会員へ移行します。

会員は毎月1コインが付与されることで好きな書籍と交換ができます。

実質一冊無料ではあるものの、月額1,500円は少し高い印象です。(1,000円以内だと嬉しい。)

図や表が分からない

音声読書のため、「図1に書いているように〜」なんて言われても分かりません笑。

補足としてPDF資料を閲覧することができますが、単純に開くのが面倒臭いです。

書籍として読むことができない

書籍版は別料金になります。

個人的には、音声で読書したあとに書籍版を読んでインプットを深めたいのですがそれができないのが残念です。

良い点

すぐに解約できる

Audible(オーディブル)が微妙であればすぐに解約できます。

しかも、退会方法もめちゃくちゃ簡単です。また、30日間の無料トライアル中でも違約金など発生せずにすぐに解約できます。

実は僕も過去に一度退会したことがあるのですが、すぐに解約できました。結局のところ、便利だったの数ヶ月で会員に戻ったんですけどね笑。

KEISUKE

退会方法はとても簡単なので、気になっている方は無料期間だけ試してみると良いと思います。

»退会方法はこちら

毎月一冊無料

会員には毎月1つ「コイン」が付与されます。

このコインであなたが読みたいお好きな音声書籍を購入することができます。

また、金額の上限はなく1つのコインでどんな音声書籍でも購入可能なのも魅力の一つです。

音声書籍の交換・返却が可能

「この音声書籍つまらないなぁ。返品したい!」と思ったら交換や返品が可能です。

なので、商品選びで失敗することはないかと思います。

KEISUKE

ただ、悪質に何回も返品しているとAmazonが判断した場合は交換や返品ができない場合があるようなので注意しましょう。

積読になりにくい

普通の読書だと積読になることはありませんか?

僕はよくあります笑。本を買ったはいいものの、途中までしか読んでいない本がたくさんです。

一方で、Audible(オーディブル)を利用し始めてからは積読になることがほぼなくなりました。

家事や運動などのスキマ時間で音声読書をしていると、あっという間に読了していることが多いです。

»30日間無料体験はこちら

Audible(オーディブル)の評判について世間の口コミをまとめてみました。

Audible(オーディブル)の評判について世間の口コミをまとめてみました。

サービスについて


料金について

【まとめ】Audible(オーディブル)の評判は悪くない

全体的にAudible(オーディブル)の評判は悪くない結果となりました。

月額1,500が高いと感じる人も多いようですが、30日無料試せる上にすぐに返品や退会もできるので損の少ないサービスと言えます。

個人的には、今まで読書を習慣づけたかったのになかなか習慣づけることができなかった人にはうってつけのサービスだと実感しています。

とくにサラリーマンだと一日に自己研鑽できる時間は限られているので、いかにスキマ時間を有効活用できるかどうかが重要だからです。

KEISUKE

「読書を習慣づけて自己成長したい!」そんな方は、無料期間だけでも試してみてください。

»30日間無料体験はこちら