WORK

【実体験】未経験からWeb業界に転職する3つのコツ【30代でも間に合う】

未経験からWeb業界へ転職はできるのかなぁ?やっぱり30代だと厳しい?

何かコツとかあれば、教えて欲しいです。

こんな疑問にお答えします。

こんにちは、DAOです。
僕は元々アパレル販売と営業の仕事しかしたことがありませんでしが、33歳の時に未経験からWeb業界へ転職しました。

そして、現在はWeb動画クリエイターとして、数多くのクリエイティブを作っています。

いきなり結論ですが、誰もが僕のように未経験からWeb業界へ転職することは可能です。ちょっとしたコツさえ抑えれば、30代からでも間に合います。

そこで今回は、僕の実体験を元に未経験からWeb業界へ転職するコツについて解説します。

DAO
DAO
未経験からWeb業界へ転職するコツはもちろん、Web業界のメリットやデメリットについても解説します、

「Web業界で第二のキャリアを歩みたい!」そんな方はぜひ、最後までお付き合い下さい。

【実体験】未経験からWeb業界に転職した話

33歳で畑違いのWeb制作会社へ転職

仮にあなたが、30代でも未経験からWeb業界への転職は可能です。

何よりこの僕が証拠です。僕は33歳までアパレルと営業の経験しかありませんでしたから。

また、会社の同僚の前職もバレエダンサーだったり、美容師だったり様々なバックグラウンドを持っている人が働いています。

そのため、転職のコツさえ押さえておけば決して無理ゲーではありません。

僕が未経験からWeb制作会社へ転職できた理由

一つの参考例として、なぜ33歳の僕が未経験からWeb制作会社で働けるようになったのかを考えてみます。

  • アパレル販売、営業でそこそこの実績成果を出していた
  • 独学でブログ運営に取り組んでいたから
  • 独学で動画制作をしていたから

ざっと僕がWeb業界へ転職できた理由は上記かなと思います。

その中でも、すでにWebに関することに取り組んでたことは転職できた大きな要因かと思います。

とはいえ、ブログのPV数だった少なかったですし、動画の編集スキルも今みると笑っちゃうくらいダサいです笑。

DAO
DAO
流石に「Photoshopって何?」「Adobeって誰?」のような限りなくWebに関する知識がゼロの場合は転職するのは無理ゲーですが、ほんの少しでも自分なに知識やスキルを身に付けておいた方が有利になるかと思います。

未経験からWeb業界に転職する3つのコツ【30代でも間に合う】

コツ①:Webに関する知識・スキルを学習しておく

もし、あなたがWebに関する知識やスキルが限りなくゼロなのであればWebに関する知識やスキルを学習しておいたほうが良いでしょう。

可能であれば、何かしら制作物まで作れるレベルだと良いですね。

使用ソフトはAdobeが断然オススメ
ほとんどのWeb制作会社がAdobe CCを使用しています。

Adobeのソフトさえあれば、画像加工から動画編集などあらゆるなWeb制作物に対応できるからです。

そのため、まだWebの知識やスキルがない方はAdobeソフトの使い方を勉強しておくと良いでしょう。

DAO
DAO
例えば、Udemyなどのオンライン学習動画サイトなどを利用すれば1,200円程度から気軽に学習できるのでおすすめです。

コツ②:Web業界に特化した転職サイトを利用しよう

Web業界で働きたいならWeb業界に特化した求人サイトを使うのが近道です。

なぜなら、有名なリクナビやマイナビだと営業系の求人が多く、Web関連の求人は少ないからです。

ところが、Web業界に特化した求人サイトやエージェントを利用すれば、リクナビやマイナビには掲載されていないレアな求人があったりします。

例えば、WebistなどはWebクリエイター専門の求人サイトなので、Webデザイナー以外にもWeb動画編集者やWebディレクターなどの幅広い求人が掲載されています。

DAO
DAO
その他にも、レバテックキャリア【転職エージェント】マスメディアンなどもWeb専門の転職サイトなので、それぞれ比較検討してみたり、無料相談してみると良いと思います。

コツ③:派遣という選択肢もアリ

未経験からの転職であれば、派遣という働き方も視野に入れておくべきです。

実際、僕の会社も7〜8割の人が派遣です。もちろん、優秀な人は正社員になる人もいます。

もし、あなたがすでにWeb業界の経験者であれば話は別ですが、未経験からの転職を目指すのであれば派遣のほうが転職はしやすいです。

冷静に考えて、未経験から給料を貰いながらスキルアップできるんですよ笑?(教育係は大変ですが…。)

で、それなりにスキルアップしてから、正社員や同業種への転職を目指したっていいじゃないですか。

派遣のほうが休みの融通も聞くし、副業もしやすいので、派遣という働き方も選択肢の一つに入れてみてはいかがでしょうか?

未経験からWeb業界に転職するメリットとデメリット

メリット

  • 業界的に右肩上がり
  • スキルを副業に活かせる
  • 在宅ワーカーになれる
  • 手に職が付く

僕が考えるWeb業界のメリットは上記のような感じです。

2019年頃からWeb広告は右肩上がりですし、これからも伸び続けるのは言うまでもありません。肌感覚でも、コロナ禍になってからの方が仕事は増えています。

そして、当たり前ですが、Web業界で働いていると、嫌でもPCスキルやソフトを使いこなせるようになります。

そのため、会社で得たスキルをアウトプットとして副業に活かすことも十分に可能です。

また、何より在宅ワーカーになれたのは嬉しい限りです。

出勤ラッシュに揉まれる事もないですし、嫌いな社員と顔を合わす事もありませんのでストレスフリーです。

DAO
DAO
もし、在宅ワーカーになりたいなら、Web業界にはたくさんチャンスがありますよ。

デメリット

  • 小さい会社だと激務
  • ブラックな会社も多い
  • 給料は高くない

小さなWeb制作会社だと、ブラック企業が多いのも事実です。

また、WebデザイナーやWebマーケターも平均的に給料が良いとは言えません。

ただ、先ほども言ったようにスキルは身に付くので、そのスキルを活かして副業に取り組めば収入アップは十分に見込めます。

僕の失敗談
僕は今のWebデザイン会社の前はWebマーケティング会社で働いていました。

今となってはもはやネタですが、3ヶ月で退職しています笑。理由としては一言で言うと「肌に合わなかったから」です。

小さな会社だったため、激務の上に社長の要求が非常に高い会社でした。

また、社員の顔も死んでおり、殺伐とした独特な空気だったのをよく覚えています笑。1年以内に退職する人ばかりでしたね。

ただ、しがみつかずに3ヶ月でサクッと辞めたのは正解でした。

結果論ですが、現在の会社が超絶ホワイトな上に、仕事に日々やりがいを感じながら働けているからです。

今の会社には感謝しかありません。おおげさかもですが、天職です。

【まとめ】未経験からWeb業界に転職するのは比較的簡単

Web業界は未経験の方でも、ほんの少しの努力と行動次第で転職可能です。

最初は、慣れなくて辛い事もありますが半年過ぎれば慣れます。

実際僕は、給料をもらいながら実践的なスキルを身に付け、楽しく働けているので今の会社や指導してくれる上司には感謝の気持ちで一杯です。

この記事を読んだことで、あなたが未経験からWeb業界へ転職できると嬉しい限りです。