Video Editing

【初心者】イケてる旅行動画を作る4つの手順【PCなくてもOK】

こんにちは、動画編集歴3年目のDaoです。

旅行好きの人であれば、旅の思い出を動画として残したいと思ったことはありませんか?

ただの動画として保存するのではなく、どうせならイケてる、センスの良いお洒落な動画を作って、YOUTUBEやInstagramにアップしたいところですよね。

 

そこで今回の記事では

旅行が好きで、連休があればどこに出かけている。

なので、せっかくであればお洒落でイケてる旅動画とか、思い出を動画作りたいな。

そして、PCを持っていないので、できればスマホだけで作りたい。

このような、ご要望にお答えする内容になっています。

僕も、旅行が好きで旅行へ行っては旅動画を作ったりしています。

旅行好きであれば、旅の思い出を写真だけではなく動画で編集もしてみたいですよね?

そこで今回は、PCがなくてもスマホでできる旅行動画を作る方法を解説していきたいと思います。

手順①:旅行動画に必要な機材を揃える【おすすめ機材は4つ】

機材①:画質の良いスマホ

2019年現在では、スマホ一台で十分に綺麗な動画を撮影することができます。

また、スマホであればレストランやふとした一コマをサクッと撮影することができます。

ただ、スマホでも動画画質が悪いのだと映像も台無しになってしまいます。

おすすめとしては、やはりiphoneですね。

動画に関しては、なんだかんだiphoneの画質が綺麗です。

特に、Xシリーズ以降が4K以上の動画を撮影でき、内部手ぶれ補正も強化がされているのでおすすめです。

また、スマホをメインで撮影を行うのであれば、「スタビライザー」は必須です。

スマホだけで撮影すると、動画がブレてしまいます。

ところが、スタビライザーにスマホを装着して撮影すると、ブレがない映像を撮影することができるのでプロっぽい映像を撮影できるのです。

要するに、スタビライザーがあると素人感のない映像を簡単に撮影できるのです!

また、スマホはバッテリーの減りも早いのでモバイルバッテリーも併せて揃えておいたほうがいいでしょう。

まとめると、スマホ中心で撮影するのであれば

「iphone+スタビライザー+モバイルバッテリー」

をセットで揃えるのが理想ですね。

 

機材②:アクションカメラ

アクションカメラの有名メーカーは、Goproです。

Goproのようなアクションカメラは、コンパクトな上に、水中などでも撮影ができるので旅行には最適です。

アクションカメラの良いところは、「臨場感のある動画を撮影できる」ことです。

 

上記の動画のような臨場感のある映像は、GoproOsmo Actionなどのアクションカメラなしには撮影できません。

しかも、小さいので持ち運びもめちゃ楽です。

基本的にアクションカメラは、防水機能が備わっているのが多いのでハワイや沖縄などの南国では大活躍しますよ!

 

機材③:ドローン

空からの映像が、あると動画にメリハリが出ます。

最近のドローンは「追跡機能」が備わっているものが多いので、例えば、海辺を歩いているシーンを空から撮影したり、自転車を漕いでるシーンを撮影したりできます。

ドローンの種類もたくさんありますが、個人的には旅行ではMavic Airというドローンがコンパクトで高画質の映像を撮影できる上、プロの動画クリエイターもしようしているので一番おすすめです。

ドローンに関しては、旅行におすすめのドローンや、初心者におすすめのドローンの記事も書いているので是非参考にしてみて下さい。

また、ドローンは基本的には高額なので、「レンタルする」という選択肢もアリかと思います。

機材④:ミラーレス一眼レフカメラ

通常の一眼レフカメラは、重いので旅行に適しているとは言えません。

なので、旅先で「プロのような映像を撮影したい!」という、こだわりのあるあなたには旅行では「ミラーレス一眼レフカメラ」がおすすめ。

ミラーレスは、軽量でありながら背景にボケを作ったり解像度の高い綺麗な映像を撮影ができるのが大きな特徴です。

通常の一眼レフカメラは重く、初心者には若干難しいので「ミラーレス一眼」が軽量でおすすめなのです。

ちなみに、写真であればNiconがナンバーワンかと思いますが、動画であればやはりSONYが一番映像が綺麗です。

 

手順②:旅行動画映えする素材を撮影する

撮影方法①:タイムラプス

動画の要所要所にタイムラプスの映像を入れると、お洒落感がばいぞします。

この「早送り動画」を初心者でもいとも簡単にできるのがGoproOsmo Actionといったアクションカメラです。

僕もGopro Hero7 Blackを所有していますが、タイムラプスなどの映像を簡単に撮影できてしまうのでもはや手放せません。

最近では、Goproのレンタルサイトも充実しているのでレンタルという選択もアリですね。

 

撮影方法②:空撮映像

空撮の映像を入れると、臨場感がグッと増します。

現在では、本当に安全・安定性に優れたドローンばかりなので、旅行前にちょっと練習をすれば簡単に空撮できますよ。

 

撮影方法③:ブレの少ない映像を撮る

ブレブレの映像は観ていても気持ちよくはないです。なので、出来るだけブレないように撮影しましょう。

もし、スマホを中心機材として使用するのであればスタビライザーが必要ですし、スマホ以外で撮影するのであれば「内部手ぶれ補正」の効くカメラを使用しましょう。

 

手順③:旅先の動画を編集をする

スマホで動画編集する場合

旅先で動画の素材を撮影したら、最後は編集です。

最終的に編集を上手にしなければ、イケてる旅行動画を作ることはできません。

最近では、簡単な編集であればPCがなくてもスマホだけで編集をすることが可能です。

「PCを持っていないので、スマホで編集したい!」というあなたは、下記の記事を参考にしてみて下さい。

PCで編集する場合

PCで動画を編集したほうが、細部にわたりこだわりのある編集をできます。

イケてるお洒落な旅行動画を作りたいのであれば、編集ソフトにはこだわりましょう。

iMovieなどの無料ソフトも悪くないのですが、無料なだけにできることが少ないので、アマチュアからプロのクリエイターまで幅広く使われている、Adobe Premire Proが間違いないでしょう。

ちなみに、僕も使っています。

手順④:動画編集をプロから学ぶ

最後に、センスの良い動画を作りたいのであれば、プロから学ぶのが一番手取り早いです。

YOUTUBEにも動画編集のチュートリアル動画はたくさんあるのですが、そのほとんどが英語という壁があります。

もし、あなたが英語が得意なのであれば、海外のプロのクリエイターで動画編集のチュートリアルを投稿している人がたくさんいるので、YOUTUBEだけで問題ないです。

ただ、

日本語で正しく、動画編集の基礎から応用まで学びたい!!

というのであれば、Udemyなどのオンライン学習であなたにあった学習を選ぶのがいいと思います。金額もかなり安いので良心的ですしね。

Udemy

 

 

【まとめ】

旅行動画を作るイメージはできましたか?

個人的には、まずはスマホで動画編集のざっくりしたコツを掴んでみみるのがおすすめです。

そして、イケてる動画ができたらぜひインスタやYOUTUBEなどのSNSにアップしてみましょう。

是非、お洒落でイケてる旅行動画を作ってみてください。