【大人も楽しめる】ドローンを子供にプレゼントしよう【おすすめ5選】

こんにちは、Daoです。

 

子供にドローンをプレゼントしたいと考えている人

子供の誕生日プレゼントでドローンをプレゼントと思っている。

でも、ドローンって種類も多いし、そもそも子供がドローンを使っても大丈夫なのだろうか?

小学生くらいまでの子供でも簡単・安心・安全に飛ばせるドローンがあれば教えて下さい。

こういった、ご質問にお答えします。

 

近年では、様々な種類のドローンが発売されており、ドローンを買って飛ばしている人も徐々に増えてきています。

 

とくに、有名なYOUTUBERなんかも使用したりレビューをしているので、ドローンに対するネガティブな感情が和らいでいる印象です。

 

ドローンは操作が難しそうなので、「大人しか使ってはいけない」と思いがちですが、そんなことはありません。

 

「簡単・安心・安全」にフライトできるドローンも増えてきているので、子供へのプレゼントでも喜ばれると思いますよ。

 

僕が、小さい頃ミニ四駆やハイパーヨーヨーにハマっていたように。

 

そこで、今回の記事ではドローンを子供にプレゼントするメリットや子供でも扱いやすいドローンをご紹介していきます。

 




 

ドローンを子供にプレゼントする2つのメリット

メリット①:将来性のあるドローン業界

堀江貴文と落合陽一の「10年後の仕事図鑑」という本の一部に、ドローンの未来についてこんなことを、述べています。

 

 今でこそおもちゃに見られるドローンだが、実は空撮、測量、ビルの壁面の点検など、幅広い仕事で使われ始めてる。

 

人間が入ることのどきないような調査が難しい場所の探索にも利用されてくるはずだ。

 

また、流通業についても可能性がある。さらに、農業分野でも力を発揮するだろう。たとえば、農作物の育成状況をモニタリングしたり、種や肥料を撒いたり。地形をモニタリングしたり、航空写真を撮ったり。

 

米国無人機協会という団体は、ドローンの市場規模は2025年までに米国内で820ドル(約9兆6000万円)に達し、それによって10万人以上の雇用を生み出すとも提唱している。

 

数年後にドローンパイロットが職業として成立した時に価値を持つ人材を考えてみて欲しい。他でもない、今ドローンに夢中になって遊んでいる人たちだ。

※「10年後の仕事図鑑」より引用

このようなことを述べています。

 

最近では、「ドローンレース」などの競技も徐々に人気を高めており、大人だけではなく小学生くらいの子供も参加しています。

 

上記のように、子供に今のうちからドローンに「触れてみる・興味を持たせる」だけでも将来の仕事の選択肢が広がりますね。

 

②:プログラミングの学習ができる

 

ドローンによっては、プログラミングの学習ができます。

 

どういうことかといいますと、「プログラムを組んでドローンに指示を出す」ことができるのです。

 

プログラミングにも触れておくべき理由としては、2020年から小学校では、プログラミングは必修科目になるからです。

 

これからは、僕たちが学んできた五科目以外にも、「プログラミング」というのができて当たり前の時代になってもおかしくはありません。

 

そのため、早いうちに「楽しくプログラミングを学ぶ環境」を親が作ってあげるのもいいのではないかと思います。




 

子供におすすめのドローン5

Tello

Telloはドローン業界の帝王、DJIの最小のドローンです。

 

特徴としては、80グラムとかなり軽量で、DJIのドローンにもかかわらず、金額もなんと12,000円くらいで購入できます。

 

また、Telloはプログラミングのコードを組み込み、飛行させることもできるのでプログラミングの入門としてもおすすめです。

 

 

 

 

 

 

 

MAMBO

こちらは、フランスメーカー「Parrot」のミニドローンです。

 

Telloと同じく軽量で、プログラミングの学習もできます。

 

Telloとは異なりFPVゴーグルも使用できるので「VR飛行」の体験も可能です。

 

鳥になった気分を味わえるので、子供も大喜びするはず。

 

 

 

DOBBY

DOBBYは重量が199グラムなので、航空法規制の対象外です。

 

画質は4Kとめちゃめちゃキレイです。

 

元々、セルフィーに特化したドローンなので、自撮りや集合写真も撮りやすく、動画に関しては「追跡モード」が搭載されています。

 

また、「自動帰還モード」も備わっているので、性能の割には子供が操作しても安心して飛ばせます。

 

私も、DOBBYを持っていますが、画質はかなりキレイなですね。

ポケットサイズの上に、飛行時間も10分くらいあるので、キャンプや旅行で使っています。

 

子供だけではなく、大人も満足するドローンですね。

 

 

 

 

AIRSELFIE

AIRSELFIEはスマホと一緒に持ち運びが可能なドローンです。

 

また、金額も一年前くらいは4万円近くで販売されていたのですが、現在はAmazonで12,000円程度で販売されているのでかなりお得です。

 

詳しくは、ヒカキンさんの動画が参考になるかと思います。

 

 

 

まとめ

ドローンを子供にプレゼントをするだなんて、一昔前は考えれなかったですが、近年では安定しているドローンが多く、徐々に子供にも人気が出ています。

 

また、「ドローンレーサー」をはじめ、ドローンを通じて、将来的に多くのドローンに関する職業が生まれると予想されます。

 

なので、今のうちにドローンで遊んでおくのに損はなさそうですね。