【これで完璧】GoProと一緒に使うべきアクセサリー【おすすめ10選】

こんにちは、最近GoPro Hero7 BlackをGETしたDaoです。

 

GoProの魅力といえば「手軽さ」と「どんなシーンでも撮影できる」ことではないでしょうか?

 

旅行で、毎回一眼レフカメラを持つのは結構疲れます。なぜなら重いから。

 

また、ガチカメラで「海の中を撮影したい!」と思ってもなかなかメンドくさいと思います。

 

ところが、GoProはそんな煩わしさを解決してくれます。

 

ただ、GoPro本体のみだけでは撮影の効率が悪いので、状況に応じては別途アクセサリーがあったほうが楽しめます。

 

そこで、今回の記事では

ついに念願のGoProをGET!

だけど、GoPro本体だけで撮影するには効率が悪いような、、。

GoProといえば、色々なアクササリーが豊富なのも魅力だけど、実際に使えるアクセサリーを選ぶにはどれがいいのだろう?

このような、疑問にお答えします。

 




 

自撮りに使えるGoProアクセサリー

【Ventlax】3Way 自撮り棒

 

 

僕も使っている自撮り棒なのですが、3WAYで使えるのが大きな特徴です。

 

この棒があれば、自撮りも撮れますし、グリップ内に収納されているパーツを使用すると三脚としても使えるので、タイムラプスビデオの撮影も簡単にできます。

 

3WAYで使えて、金額も2,980円で購入できるのでコスパがいいです。

 

おすすめポイント

✔️3WAY使える!

✔️三脚にもなる!

✔️192gの軽量

 




 

手ぶらで使えるGoProアクセサリー

このネックマウントハウジングも愛用しているのですが、めちゃめちゃ便利です!
めちゃ便利な理由としては、ネックレスのようにぶら下げるだけで撮影できてしまうのですからです!
この動画は、首にぶら下げて動画を撮影しただけです。とても楽チンなので個人的には、一番オススメのアクセサリーですね。
おすすめポイント
✔️首にぶら下げるだけ
✔️めっちゃ楽!
✔️観光客感が出ない

 

 




 

水中で活躍するGoProアクセサリー

①:【DECADE】ダイブハウジング 防水 防塵 保護ケース 水深45m 水中撮影用

 

GoProは基本的に10mまでの防水の造りにはなっていますが、何かトラブルがあっては困るので「水中で撮影したい」というのであれば、ダイブハウジングを使用することを強くオススメします。

 

値段も1,000円ちょとなので。

 

おすすめポイント

✔️水深45mまで撮影可能!

✔️水上でもカメラを保護してくれる!

✔️ダイビング、サーフィン、シュノーケリング、スキーなどの様々なアクティビティに対応!

 

②:浮力スポンジ セルカ棒 自撮り棒 浮きハンドグリップ 

 

ダイビングハウジングとあわせて、水中撮影用の自撮り棒もあると便利です。

 

この水中用の自撮り棒は、水中に浮くようになってて、ストラップをうでに巻くことができます。

 

金額も、900円くらいなのでダイブハウジングとセットで揃えたいアクセサリーです。

 

 

車の運転で使えるGoProアクセサリー【おすすめ選】

【Sametop】 サクションカップ マウント 車載 吸盤式 カメラマウント カメラホルダー 

 

 

GoProといえば、車の映像も鉄板ですね!下記の、YOUTUBE動画はGoPro Hero7の「ハイパーラプス」という機能で撮影しています。

 

このように、車で走っている映像を「タイムラプス」または「ハイパーラプス」で撮影するとかなりカッコイイ映像を撮影できますよ!

 

 

GoProの予備バッテリー

①:バッテリーチャージャー

 

 

②:予備バッテリー

 

 

 

使ってみて感じたのは、GoProは案外「バッテリーの持ちが悪い」です。

 

とくに、車でタイムラプスビデオを流しッパで撮影しているとすぐに30%代まで減る印象です。

 

なので、「バッテリーチャージャー」もしくは「予備のバッテリー」を用意しておいたほうが楽しめるかと思いますね。

 

 

 

まとめ

GoProは本体以外に、アクセサリーがあってナンボのアクションカメラです。

 

状況に応じて、あなたのニーズ合うGoProアクセサリーを選んでみては如何でしょうか?

 

ABOUTこの記事をかいた人

Daoo

こんにちは、Dao(ダオ)です。 1986年生まれ。札幌市在住。 会社員をやりながら、ブログを運営しています。 インターネット・旅行・ドローンなどのデジタルガジェットが好きです。 お酒が好きなので、汁物がないと生きていけません。 よろしくお願いします。