【2018年2月更新】ブログ初心者でもたったの16記事でグーグルアドセンスの審査を通過する6つのコツ

こんにちは。Daooです。「パソコンは苦手・・・・」

「タイピングはめちゃんこ遅い!」

「更新は週に一回できればマシ。」

「ネタが思いつかない・・・」

「あれこれ考えて進まない・・」

「こんなんじゃ、グーグルアドセンスなんてまだまだ先の話だよなぁ・・・・。」など

ブログを開設したばかりのあなたも、このようなことで悩むことはないですか?

私もブログを書き始めて約4ヶ月ですが、このような悩みに悩まされてばかりです。

というか、全部私の悩みですね・・(笑)。

あなたもブログを開設したのなら、少しでも収益化をしたいですよね?

収益化の最初の一歩としてグーグルアドセンスを利用する人が多いです。

しかし、グーグルアドセンスにはグーグルの審査があります。

審査に合格しなければアドセンスで1円も収益化することすらできません。

今回は、パソコンが超絶苦手な私でも奇跡的にグーグルアドセンスの審査に一発合格することができたので、どのようなことを意識していたかというのをお伝えしたくてこの記事を書いてみました。




グーグルアドセンスに合格するまでの流れ

まず、最初に簡単に私が合格するまでの流れです。

アドセンス合格までの流れ

・2017年10月 ブログ開設 2記事

・2017年11月  6記事

・2017年12月  6記事

・2018年 1月 24日

アドセンス合格 3記事

こんな更新頻度でよく合格したなぁと今でも違和感しかないです(笑)。

ネットで検索しているとアドセンスに合格するためには「30記事は最低でも書きましょうね〜。」なんていう記事が多いです。

私も「30記事更新したらとりあえず審査してみるかな〜。」なんて思っていたのですが、待ちきれなくてノリで審査をしてみたのです(笑)。

当然、記事数も少ないので「落ちて当たり前だわな。」なんて思っていたのですが

まさかの一発合格!!

合格通知が来た時はもちろん嬉しかったです!!

「無能な俺でもやればできんじゃん!!」と。

それと、同時に「記事数も少ない、PVも少ないのになんで合格したんだべ?」という疑問も湧いてきたのです。

 

グーグルアドセンスの審査通過の基準

合格の基準として「これだ!」という絶対的な答えは残念ながらありません。ただ、2016年から大幅にルールが変わり厳しくなっています。

なので、2016年以前の情報は役には立ちません!!

 

グーグルアドセンスの審査を通過するために意識した6つのこと

たった15記事でもアドセンスで合格した6つの理由を考えてみました。

「アドセンス合格したい!」

「審査に落ちた・・・・。」

なんていう人は是非参考にしてみて下さい。

タイピングが劇遅な私でも大丈夫だったので、きっとあなたも大丈夫ですよ!!

 

1.独自ドメインか?

2016年からGoogleのアドセンス審査で大幅な変更がありました。

2016年以前は、無料ブログでも審査が通過できたみたいなのですが、2016年以降は「独自ドメインでの申請」が基本です。

アメブロなどの無料ブログではなくサーバーとドメインを自分で取得し、ワードプレスなどで独自ドメインでの申請が必須なのです。

私も開設当初は「無料ブログか?有料ブログか?」で悩んでいましたが、今思えば有料ですがワードプレスで開設して正解だったと言えます。

自分でサーバーを借り、ドメインを取得したのは間違いなく大きなポイントです。

 

2.文字数は少なくないか?

コンテンツ内容も重要です。私の場合「記事数」は少なかったのですが、「文字数」は多かったのが合格した要因であると考えています。

私は「文字数は必ず2000字以上書くぞ!」となにかの記事を読んで常に意識していました。結果として、公開記事は全て「2000字以上」はあります。

例えば、記事数が60記事くらいでも、文字数が常に1000文字以下のすっからかんな内容だと「コンテンツ不足」としてグーグルからの評価が落ちてしまい審査に通過しにくくなります。

 

3.グーグルのプログラムポリシーに違反していないか?

グーグルのプログラムポリシーに反するものは当然ながら合格しません。たとえば、アダルトコンテンツはNGですし、タバコの販売などのネタもNGです。

詳しく知りたいのであればこちらを参考にしましょう。

例えば、アドセンスに合格してもグーグルがポリシーに違反していると判断すれば「広告配信停止」にも繋がってしまうので、合格した後も重要な項目です。

 

4.分かりやすいタイトルか?

分かりやすいタイトルをつけるのも意識しました。具体的には「タイトルに数字を入れる」ということです。

また、基本的にはユーザーはグーグルの検索エンジンから「質問」をしにくるので、ユーザーの「問題解決するタイトル」にするのを意識しました。

たとえばディズニーランドに行った時の記事を書きたいとします。

「ディズニーランドが楽しかった」というタイトルと「ディズニーランドのおすすめの絶叫マシーン5選!!」だったら、どっちのタイトルの方が読みたくなるかということです。

圧倒的に後者ですよね。最初のタイトルだとざっくりすぎるのです。




5.記事の修正

記事の修正は週に一回はしていました。

具体的には

・誤字脱字がないか?

・分かりやすい文章になっているか?の2点です。

 

6.誰かの役にたつ内容か?

最後に「誰かの役に立っているか?」というのは非常に大事です。ブログを収益化させたいのであれば「日記ブログ」ではダメです。「日記ブログ」でいいのは芸能人だけ。

どこの誰だかわからない人の日記ブログを見てても楽しくないですよね?

例えば

「彼氏に振られた、マジ病む。私はあんなに尽くしてたのに。会いたくて会いたくて震える月曜の夜。」のようななどこの誰だか知らない日記とかどーでもいいですよね(笑)?

あんたの恋愛事情なんて知らんわっていう話です(笑)。「日記的なブログ」を書きたい人はアメブロでいです。

一度記事を公開したあと、一度自分の記事を見返して見て「誰かのために役立つ内容か?」という点に注意して見直してみましょう!

もし、「ただの日記ブログ」であれば潔く削除しましょう。そういう記事があるだけでもグーグルからの評価は下がってしまいます。

 

まとめ

ネットで「グーグルアドセンスの難易度が上がった」とか色んな情報が渦巻いているので私も合格するまでは「なかなか高い壁だなぁ。」と思っていました。

私のように記事数が少なくても、この6つのポイントさえ押さえておけばあなたも合格すると思います。なので、挫折したくなることも多いとは思いますが頑張ってみて下さい。

誰かに少しでも役にたつ記事を書き続けましょう!!