【保存版】眠らない街!!ラスベガスのおすすめ観光スポット7選!!

こんにちは!Daooです。

アメリカのエンターテイメントな街といえば、どこを思い浮かべるでしょう?誰もがニューヨーク、もしくはラスベガスを思い浮かべる人が多いと思います。

ニューヨークはアジア人に人気のある都市ですが、ラスベガスはアメリカ人やヨーロッパ人にもとても人気のある観光スポットなのです。

2017年9月にラスベガスを訪れたのですが、想像していた通りアメリカやヨーロッパ系の観光客がとても多かったです。日本人が少ない理由としては「日本からの直行便がない」からだとは思いますが、乗り継ぎしてでも行く価値はあります。

今回は、そんなエンターテイメントな都市である、ラスベガスのオススメの観光スポットをご紹介したいと思います。




ラスベガスの基本情報

ラスベガスの魅力

ラスベガスの魅力はなんといっても、世界で最大のエンターテイメントな街であることです!カジノやバーがいたるところにあります。

そして、なんと!!!!

 

昼間から外でお酒を飲めます!

 

日本では昼間からお酒を飲んだり、歩きながらビールを飲んだりは当たり前のようにできますが、アメリカではアルコールの規制がとても厳しく、基本的に昼間からお酒を飲める都市はほとんどありません。

しかし、ラスベガスは昼間から歩きビールや観光しながらお酒を飲めるので、お酒が好きな人は楽しめること間違いなしの都市なのです!

 

位置情報

ラスベガスはネバダ州にあります。主要空港はマッカラン国際空港です。

 

気候は?

ラスベガスは一年中暑いと思っている人も多いのですが、意外と冬は寒いです。

春は3月〜4月。

夏は5月〜9月です夏の気温は40度まで上がることもあります。

秋は10月〜11月で、一番快適な気候です。

冬は12月〜2月頃で、年に数回雪が降る寒さです。冬の観光であれば、コートが必要になります。

 

時差は?

日本とラスベガスの時差は17時間です。日本のほうが17時間が先に進んでいます。

 

アクセス

ラスベガスへ行くには、残念ながら日本からラスベガスへの直行便はありません。

ロサンゼルス、サンフランシスコ、シアトル経由での乗り継ぎが、一番本数も多く一般的です。

 

・ロサンゼルスからラスベガスまでは、飛行機でおよそ1時間。

・サンフランシスコからラスベガスまでは、飛行機でおよそ1時間半。

・シアトルからラスベガスまでは、飛行機でおよそ2時間です。

 

 Fremont Street Experience(フリーモント・ストリート・エクスペリエンス)

フリーモントは、ラスベガスの中心街であるストリップからタクシーで10〜15分ほどの場所にあります。

夜の観光で有名な場所です。ラスベガスに観光に行くのであれば、必ずといっていいほど楽しめます!いたるところに、飲み屋、飲食店、カジノ、お土産を買えるお店があります。

また、フリーモントの見所といえば、1時間に一度行われるネオンショーです!

天井に映像が映し出され、様々な音楽に合わせて、ネオンショーが開催されます!この日は、偶然にもわたしの大好きな「LINKIN PARK」のネオンショーがありました!!

それ以外にも、バンドのライブをしていたり、セクシーなお姉ちゃんがバーカウンタで踊っていたり、路上パフォーマンスをやっていたりと、ラスベガスの雰囲気を存分に感じれる観光スポットです。




Bellagio(ベラージオ)

ラスベガスを象徴するスポットといえば、なんといってもこのホテル&カジノの「ベラージオ」の噴水ショーではないでしょうか?

だれもが立ち寄る、ラスベガスの定番観光スポットです!昼と夜の噴水ショーでも雰囲気が全く違うので、昼と夜の両方行ってみると楽しいですよ!

 

Stratosphere(ストラトスフィアタワー)

ストラトスフィアタワーは、261メートルの高さがあり、ラスベガス全体を一望できます!

とくに、夜のラスベガスの夜景は絶景なのでデートなんかでもオススメのスポットです。また、最上階の絶叫アトラクションも有名です!!photo by Alex Proimos

photo by Stratosphere Hotel & Casino

写真をみてるだけでも、恐ろしいですよね(笑)。絶叫マシーン好きな人は、間違いなく楽しめますよ!!

ABOUTこの記事をかいた人

1986年生札幌市生まれ札幌在住。 趣味■海外旅行、ドローン、カメラ、動画編集、ブログ、インターネット、サッカー、ファッション、料理、グルメ巡りで新しいもの好きです。 好きな食べ物はカレーと汁物です。 よろしくお願いします。