北海道

【北海道】地震が冬に来る前に準備すべき7つのモノ【まとめ】

こんにちは、北海道生まれ札幌在住のDaoです。

2018年9月6に北海道でとても大きな地震がありました。

僕も、31年札幌に住んでいますが、こんなに大きな地震は生まれて始めてです。

そして、地震にもびっくりしたのですが、何よりびっくりしたのは「停電」です。

しかも、僕の家はまさかの「オール電化」です。この停電がもし、「冬に起きたら?」と考えただけでゾッとします。

例えばですが、1月や2月くらいに同じような地震が北海道に来て、停電が起きてしまったらどうでしょう?

本当に「凍死」するのではないかと思うくらい恐ろ しいです。何も、大げさな話をしているわけではありません。

2018年10月現在でも、余震はありますし、最低限の備えは必要かと思います。自分の身は自分で守りましょう。

そこで、今回は冬の北海道に地震が来た時のためにあったほうがいい防災グッツ+地震のときに必要な防災グッズをご紹介します。

冬の北海道に地震が来る前に準備しておくべきモノ

準備①:石油ストーブ

 

冬の北海道では、ストーブは必須ですよね。ストーブがないと凍え死にます。

なので、もし冬の北海道に地震が来たら、「コンセントいらずでつくストーブ」は必須です。

もし、冬の北海道に地震が来て停電になってしまえばどうなってしまうでしょう?

想像をするだけで、恐ろしいです、、、。

なので「コンセントいらずのストーブ」が必ず必要なのです。

そして、石油ストーブとあわせて、ポンプと灯油缶も準備しておきましょう。

 

 

 

準備② :カセットコンロ

 

実体験として、停電した時はカセットコンロがなくて本当に困りました。

なぜ、そんなに困ったかというと僕の家は「オール電化」なので、IHヒーターはもちろん使えません。

カセットコンロさえあれば、お湯を炊いてカップラーメンも食べれますし、鍋さえあればご飯を炊くことができます。

また、停電になると冷蔵庫の生モノを炒めて食べることもできますよね。

また、カセットコンロと併せてカセットボンベも準備しておきましょう。

 

 

準備③:ミネラルウォーター

水は、季節関係なく必要ですね。

Amazonで、セットで安く購入できます。

 

 

 準備:④カップラーメン

災害時は、カップラーメンのような「長期保存」のできる食料はあったほうが身のためです。

カップラーメンなども、Amazonでセットで買うと安く購入できます。

 

 

準備⑤:懐中電灯

スマホのライトだけ使っていては、スマホのバッテリーもなくなってしまいます。

そう考えると、懐中電灯は必須です。

懐中電灯さえあれば、停電した夜も困りません。

 

準備⑥:モバイルバッテリー

「スマホの電池がなくなる!」と、焦った人は多いかと思います。

僕はたまたま、Ankerのモバイルバッテリーをもっていたので割と余裕でしたが、モバイルバッテリーを持ってない人は大変だったと思います。

とりあえず、モバイルバッテリーで有名なAnkerの容量の大きいモバイルバッテリーが一台あれば、心強いです。

 

 

準備⑦:映画やドラマをダウンロードしておく

停電になってしまえば、テレビは見れません。もちろん、自宅で契約しているWIFIも繋がりません。

なので、何日も停電になってしまえば「ヒマ」です。まじで、ヒマですw。

我が家は、たまたまAmazonビデオを使っていたので、Amazonプライムビデオでダウンロードしていた海外ドラマを見たりしていました。

ちなみに、「Hulu」はストリーミング配信のみなのでダウンロードができません。なので、Amazonプライムメンバーになっておくと映画やドラマが見放題なのでおすすめです。

 

Amazonで無料で動画を観る

 

まとめ

今回は「冬に地震が来る前に準備するモノ+地震の時に準備するモノ」という内容でした。

北海道の冬を31年経験している僕が、「これはあったほうがいいだろ」というモノと季節問わず必要なを最低限ご紹介したつもりです。

これ以外にも、あったほうがいいモノは他にも個々にあるとは思うので、個々に併せて準備するべきかなと思います。

真冬になったら、ストーブなんかは売り切れになることが予想されるので、今のうちに一式揃えておきましょう。

 

あわせて読みたい

【これが無敵】他人に期待しない人生

[/box]